河宮碧(かわみやみどり)の破壊したバイオリンと工房が判明!あの有名な音楽家も使用していた!

T氏です。

バイオリンや弓合わせて130点以上を破壊したとして、東京都江東区亀戸の河宮碧(かわみやみどり)容疑者34歳が逮捕された事件の報道で新たな情報が。

河宮碧容疑者にが襲撃したとされるバイオリン工房が判明しました。

バイオリン制作者だった元夫のバイオリン工房は愛知県名古屋市中村区にある工房だそうです。

中村区にある2店舗のそのどちらかが元夫のバイオリン工房という話です。

1.ヴィルトゥオーゾ名古屋駅前店

VIRTUOSO VIOLINS

2.宇都宮圭バイオリン工房

どちらも名店ですが、「宇都宮圭バイオリン工房」は自宅兼バイオリン工房となっている点からも、この店で間違いないと言われています。

しかしながら現在は全く違う方がオーナーを務めているので。

事件があった2014年その当時は、河宮容疑者の旦那さんが働いていたという可能性もがあります。

この他にもお店はあると思いますが、今の所こちらに2店舗が有力なようです。

*追記 店判明ダニエルバイオリン専門店 (愛知県 名古屋市中区)

スポンサーリンク

破壊したバイオリンは?

河宮碧容疑者が破壊したとされるバイオリンの中には、一本5000万円もする高級なものがありました。

一体何を壊したのか?といった声も多く寄せられています。

イタリア製の5000万クラスのバイオリンといっても色々と種類があるので色々と調査してみた所、おそらく「ヨーゼフ・アントニオ・ロッカ」の製作した、通称”ロッカ”ではないかと言われています。

ロッカですが、1800年代のストラディバリウスとも呼ばれ、イタリアのトリノを代表するバイオリンメーカーの一人であり、その美しい音色はストラディバリウスを彷彿とさせますが、その中にも、ロッカ独特の音色を奏でるため、音楽家の中でも長らく愛されるバイオリンとしても有名です。

葉加瀬太郎も愛用?

葉加瀬太郎も愛用しているロッカ、ストラディバリウスは音が出にくくて葉加瀬太郎も苦労したと聞きますなんか昔ストラディバリウスを壊したからもう使わないと話も聞いたような、話がそれてしまいましたが。

ロッカの作品の中に、ex Taroというバイオリンがあるのですが、このバイオリン葉加瀬さんはメイン楽器として使用しており、ほとんどのCDアルバムのレコーディングで使用しています。

情熱大陸などのコンサートでも使用するなど、非常に愛着のあるバイオリンらしく破壊されたと聞いたら嫌でしょうね。

芸術家は自分の道具も命のように大事にするのでまさに命を削られた気分でしょうね。

追記

店判明ダニエルバイオリン専門店 (愛知県 名古屋市中区)

どうやらこっちが被害者の店だったようです。

男性はノルウェー・オスロ出身の中国系ノルウェー人、ダニエル・オルセン・チェンさん

容疑者についての詳しい記事は下から見る事ができます。

最初に記事を書いた時の2店舗申し訳ないです。

ダニエルバイオリン専門店では、オーナーである中国系ノルウェー人のダニエル・チェン氏製作のバイオリンやビオラなどオリジナル商品の販売、修理、毛替、音調整などを行なっています。

またヨーロッパのオールドバイオリン、ビオラ、弓を中心とし、新作も取り揃えています。

また数多くのアンティークバイオリンを修理した豊富な経験があり、音調整は専門分野です。世界の数多くのプレーヤーから大きな信頼を得ています。

との事ですね、特にコメントなどは無いので普通に運営してるのでしょうかね。

まとめ

河宮碧容疑者にが襲撃したとされるバイオリン制作者だった元夫のバイオリン工房は愛知県名古屋市中村区にある工房だそうです。

まだまだわからない事が沢山あるので引き続き調査を続けたいと思います。

河宮碧容疑者の関連する記事はこちら:
河宮碧(かわみやみどり)逮捕!顔写真、離婚の理由、犯行動機を調査したら意外な結果に!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。