齋藤学(放火魔)逮捕!顔写真,在日疑惑、火をつけた心理を調べたら危ない人だった!

T氏です。

東京都豊島区の建設工事中のアパートに放火しようとした疑いで、無職の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは住所不定・無職の齋藤学容疑者(49)。

齋藤学に付いて調べてみました。

スポンサーリンク

事件概要

今月7月3日、豊島区にある建設工事中のアパートの敷地内でダンボールなどに火をつけ、アパートを燃やそうとした疑いがもたれています。

この火事でアパートの玄関の一部などが焼けましたが、けが人はいませんでした。

取り調べに対し、齋藤容疑者は「衝動的に何も考えずに火をつけた」と容疑を認めているということです。

この事件のおよそ20分前には現場から300メートルほど離れた建設工事中の住宅でも木材などが焼けていて、警視庁は齋藤容疑者による犯行とみて裏づけを進めています。

齋藤学容疑者のプロフィール

齋藤学と聞くとサッカー選手の齋藤学を考えてしまいますよね。

正直このニュースを見た時にえっ?あの斉藤学が?

やっぱり学って名前の人は押尾学と同じ様にだめな人が多いのかなって思ってしまいました。

サッカーの齋藤学と漢字まで一緒なんて、風評被害ですよねサッカーの齋藤学ぶにとっては。

前置きが長くなってしまいましたが、

今回放火を犯した齋藤学は住所不定で無職みたいです。

顔写真はこちら

Facebook、Twitterなどを使ってないか調べたのですが、

該当する人はやはりいませんでした。

今後ニュースで何か発表があったら追記します。

齋藤学は在日韓国人?

今回の放火犯の齋藤学の漢字は在日韓国人がよく使う斉藤という漢字ではないので違うと思います。

また在日韓国人が犯罪かなどと書かれていたのでかわいそうですよねそういう風に思われてしまうのも。

日本人でも変な事をする人はいるんですよ。

犯行の動機は?

齋藤学は「衝動的に何も考えずに火をつけた」と言っていますが。

衝動的に火をつけますか?って話です。

犯罪心理について火をつけるのはどういう人なのかを調べたら。

「そこらのバケツを蹴飛ばすのも家に火をつけるのも、怒りのはけ口を求めての行動で、憤怒や憎悪の強さに大差はありません。火をつけたのはたまたまそこに灯油やライターがあったから。こうした過激な行為に走る人にはいくつかの特徴があります。何かあるとすぐに腹を立てるキレやすい性格と、考えているうちに相手に悪意があると思い込んで怒りが増大すること。そして衝動制御、つまり感情のコントロールができない性格です」

との事なので結構こういう事をする常習犯かもしれないですね。

あっそうだ

この事件のおよそ20分前には現場から300メートルほど離れた建設工事中の住宅でも木材などが焼けていて

ですよねそういう人なんですね。

まとめ

衝動的に火をつける自分の感情をコントロールできない性格みたいなので。

しっかり反省してもらいたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。