関口成春(バス運転手)逮捕!事件について調べてみた結果、被害者は当たり屋の可能性も?

T氏です。

バスの運転手が通行人をはねて死亡させた事件に付いて不明な点が多いので調べてみました。

亡くなったのは無職、野口文男さん。

捕まった容疑者は横浜市鶴見区北寺尾5、バス運転手、関口成春容疑者(54)。

関口成春容疑者と野口文男さんとこの事件は何が原因だったのか?

スポンサーリンク

事件概要

29日午後4時ごろ、横浜市鶴見区北寺尾4の市道丁字路で、道路を歩いて横切ろうとした近くの無職、野口文男さん(84)が右側から来た川崎鶴見臨港バスの路線バスにはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。神奈川県警鶴見署は、同区北寺尾5、バス運転手、関口成春容疑者(54)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕した。

同署によると、関口容疑者は「乗客がいたので急ブレーキを踏めなかった」などと説明しているという。バスの乗客30〜40人にけがはなかった。現場は信号機や横断歩道のない丁字路。

関口成春の顔写真、Facebook、Twitterは?

関口成春容疑者の顔写真、Facebook、Twitterに関しては見つける事ができなかったです。

「乗客がいたので急ブレーキを踏めなかった」といった優しい行動を取った結果、野口文男さんが亡くなりました。

仮に急ブレーキを踏んでいたら全員無傷で助かるとかあったのでしょうか?

それともバスの中の30〜40人の中で死亡者が出たのでしょうかね。

今後の発表で明らかになるでしょうね。

亡くなった野口文男さんについて

野口文男さんは警察の発表によると畑に向かう途中だったとの事ですが。

本当にそうだったのでしょうかと言われております。

仮にその発表通りに畑に向かう途中で道路を横断してはねられてなくなったなら不運の事故としかいいようがないですよね。

その現場は信号機や横断歩道のない丁字路だったみたいなので。

遠くからバスが来ていたけど横断できると渡ろうとして憶測を誤ったって言うのが一般的な見解ですね。

でも色々と調べた所本当は当たり屋だったという説もみたのですが本当でしょうかね?バスに当たり屋する人なんて聞いた事なかったので。

こないだイギリスであった当たり屋はビデオレコーダーがあった為に大丈夫だった事件が記憶に新しいですよね。

その事件は何と車の前にバイクと隣に事故の証言者になる二人のペアでいて、車の前に止まり

犯人1 犯人2(バイク)
被害者(車)

という形になり被害者の車は前が急にとまったので早く進んでといった感じにクラクションをならした直後にバイクが後ろにどんって助走を軽くつけて突っ込んできて倒れるといった手口でした。

被害者は何やってるんだ!急いで外にでて犯人に車のレコーダーで全部取ってるからあなた達のやってる事は犯罪よ!と言ったら

犯人は逃げて行ったのですがその後御用となりました。

ある意味そういう手口に近い事を考えてたのですかね?真相は謎です、今後明らかになるでしょう。

まとめ

不幸な結果になってしまったこの事件、横浜市は今後その道路に信号などをつけたりするのでしょうか?引き続き調査を続けたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。