ユンソナ息子関与暴行事件、監査に転換!?二度目の謝罪!アルバム発売も中止!

T氏です。ユンソナの息子が関与した校内暴力問題についての新展開がありました。

スポンサーリンク

ユンソナ二度目の謝罪

ユンソナが小学3年生の息子の学校暴力事件について改めて謝罪した。18日、所属事務所CLNカンパニーを通じての謝罪となった。

 ユンソナは「息子の学校の修練会で発生したことに関して、けがをしたお子さんやご家族、そして学校や複数の方々に謝罪いたします。今回の件にあたり、私の家族の無念さを第一に考えていたことについても謝罪いたします。初期対応において弁明一貫になってしまった私自身も深く反省しています」と述べた。

その上で、「私の不十分な対処でまた別の被害が発生しないよう願っています。現在進められている今回の事案の調査にも誠実に臨みます。あらためて、私の家族のことでご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

このコメントはユンソナの「2度目の謝罪」と報じられ、これにてこの件を鎮火する事ができると思ったが、これについてもネット上では色々と叩かれてるようだ、「もう終わりだよ」「謝罪にもタイミングというものがある」といった意見が大勢なようだ。

その他にも、一般の人々の間からは「プラスチックのバットなら、たたいたことにならないのか」と、ユンソナのコメント発表は加害者である息子の言い訳だったとして怒りをかっている。ドラマの公式ホームページにはユンソナ降板を求めるコメントが殺到している状況だ。

ユンソナは唯一、被害者に直接謝罪した親だった事も忘れては行けない。

予定していたアルバム発売を突然中止

 ユンソナは19日に発売予定だったアルバム『愛しか知らないバカ』(原題)の発売を突然中止した。同アルバムはユンソナの所属事務所ニャムニャムエンターテインメントが制作したもので、もう既に韓国音盤産業協会への登録は今月16日に完了しているという。 

同アルバムはKBS(韓国放送公社)ドラマ『最高の一発』に出演中のユンソナがドラマの中で歌った曲だ。予定されたアルバム発売を中止したのは、ユンソナの息子が加害者として問題になっている校内暴力事件のためだと考えても間違いないだろう。

 ドラマ『最高の一発』側は「調査はまだ終わっていない」とし「ユンソナ本人も深く反省しているので、ひとまずドラマに集中して慎重に推移を見守る」という公式の立場を19日に明らかにしていた。 

ユンソナ息子の関与暴行事件21日、調査から監査に転換

 ソウル崇義(スンウィ)小学校に対する市教育庁中部支援教育庁の特別指導チームによる現場調査が21日、監査に転換されるものと見られる。

特別指導を通じて校内暴力対策自治委員会の会議録を含めた関連書類を調べて関連者と面談し、事件処理過程に対して問題がなかったかどうかを確認した。

これに先立ち、崇義小学校はアシアナ財閥会長の孫や女優ユンソナの息子ら児童4人が同じクラスの児童を集団で暴行していた、事件処理の過程で加害者に特別な措置がなかったという報道が出て問題になっていた。

これに対して市教育庁は特別指導を実施する意向を明らかにし、19日から特別指導に入っていた。市教育庁は「特別指導の過程で問題点が明らかになった場合、監査を実施するなど厳正な措置を取る考え」と明らかにしていた。

 もうこの事件はとうにユンソナの謝罪、ドラマ降格ですむ問題ではなくなっている、下手をしたら芸能界引退まであるかもしれない。ドラマ降板要求を鎮火して、学校の問題も解決する最高の一発をできるのか?

 もしかするとユンソナに目をいかせてる間にもっと大きな問題を見つけようとしているのかもしれない。今後もまだ目が離せません。

まとめ

  • ユンソナ二度目の謝罪、世論を収まらずドラマ降格を要求。
  • ユンソナは唯一、被害者に直接謝罪した親だった事も忘れては行けない。
  • ドラマ『最高の一発』側は「調査はまだ終わっていない」とし「ユンソナ本人も深く反省しているので、ひとまずドラマに集中して慎重に推移を見守る」
  • ユンソナ息子の関与暴行事件21日、調査から監査に転換、「特別指導の過程で問題点が明らかになった場合、監査を実施するなど厳正な措置を取る考え」

その他のユンソナ関連記事:

ユン.ソナの息子暴力事件!?加害者名簿から抜き事実を全てを闇に葬り去ろうとした。

ユン.ソナ息子の暴力事件について謝罪!?真相隠蔽の為に切り捨てられた!?韓国財閥の闇の力!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。