日比谷洋一が苗字が違う母親を殺害しようとした理由は?顔画像、Facebook特定?

T氏です。

川崎市で74歳の母親を刺し殺害しようとしたとして、無職の46歳の息子が逮捕されました。

今回は逮捕された日比谷洋一容疑者(46)に関しての調査結果です。

何故このような事件になったのか?親子と言う事ですが苗字が違うのは何かあるのか?事件の詳細を調べてみました。

スポンサーリンク

事件概要

川崎市で74歳の母親を刺し殺害しようとしたとして、無職の46歳の息子が逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、川崎市高津区に住む無職の日比谷洋一容疑者(46)です。

日比谷容疑者は、27日午後、自宅マンションの部屋で、母親の河相光子さん(74)の背中を刃渡りおよそ16センチの包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。河相さんは病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。日比谷容疑者は、自ら消防に通報し、事件が発覚したということです。

調べに対し、日比谷容疑者は「口論をして刺してしまったのは間違い無い」と容疑を認めているということです。

日比谷洋一容疑者の顔画像は、Facebookは?

母親を刃渡り16センチの包丁で刺した日比谷洋一容疑者(46)の顔画像ですが、ニュースでは現在公表されていません。

Facebookアカウントも調査してみましたが。

日比谷洋一容疑者(46)の情報はこれから出てくるかも知れませんので、何かありましたら、追記していきたいと思います。

事件のあった場所は?

事件が起きた場所は、神奈川県川崎市高津区の日比谷洋一容疑者の自宅マンションで起きました。

現在の情報では神奈川県川崎市高津区までの住所しか分かっておりません。

今後情報が入り次第、追記していきます。

河相光子さん(74)の容態は?

日比野洋一容疑者(46)に刺された河相光子さん(74)ですが刺された直後に病院へ救急車に搬送されましたが、命には別状がないとの事です。

しかし、刃渡り16cmの包丁ですから傷口がどれくらいの傷を負っているのか、少し心配であります。

早めに病院へ搬送したから助かったのかも知れませんが、もしも搬送が遅れていたら、命が助からなかった可能性もあります。

河相光子さんの年齢も(74)歳と高齢ですから刺された後の後遺症が気になるところですが、大事に至らなければ良いですが。

日比谷洋一容疑者は母親を刺した理由は?

何故?母親を包丁で刺してしまったのか?

「口論をして刺してしまったのは間違い無い」

このように警察の調べに答えている。

日比谷洋一容疑者(46)と河相光子さん(74)との間に何か問題があったのは間違いない。

口論の原因が何だったのかは現在の所は分かってはいませんが、お金などの問題なんでしょうか?って思ってしまいます。

しかし、母親を包丁で刺す行為は非常に大きな問題が両者の間にあったのだろう。

今後の取り調べで明らかになっていくと思われます。

日比谷洋一と河相光子さんの名字が違う理由は?

母親なのに名字が違うのは不思議な話ですよね。

どうやら河相光子さんは離婚をしていて日比谷洋一容疑者は父親の名字を名乗っていたようです。

日比谷洋一の仕事は?

実は、日比谷洋一さんお仕事はされていなかったようなのです。

つまり無職最近、無職の方の事件も多いのかなと思います。

仕事を辞めざるおえなかったのかいろんな背景がありますよね

無職だから仕事をしたくないと決めつけることは良くないですからね

まとめ

以上が日比谷洋一容疑者に関しての調査結果です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。