仲田晃司のWiki!神の雫にでた?神が認めたブルゴーニュって?

T氏です。

毎週月曜日午後10時25分から、放送を予定しているNHK番組「プロフェッショナル・仕事の流儀」に主演する仲田晃司さん。

仲田晃司さんはワイン醸造家として、ワインの聖地であるフランス・ブルゴーニュ―で活躍。渾身の思いで作り上げたルー・デュモンのオーナーでもあります。

「天・地・人」のラベルで日本でも買うことができる身近なワインです。

仲田晃司さんの経歴を調査してwiki風にまとめて見ました。

スポンサーリンク

番組の内容

ワインの聖地、ブルゴーニュに飛び込んで23年。ワイン醸造家として注目を集める仲田晃司に密着。「極上の一滴」を生み出すための驚きの哲学。

悪天候でブドウの収穫量の減少が続く中、今年も「ヒョウ」が畑を襲った。傷だらけになったブドウを慈しむ仲田。

3か月の取材で見えたのは、逆境でも常に前向きに、ワインと向き合う誠実な生き様だった。

人気ワイン漫画「神の雫」も登場!これを見れば、ワインが100倍面白くなる!?

仲田晃司のwiki、ワイン醸造家のきっかけは?

出典=https://www.cyber-wineshop.com/news/jmm/jmm200811.html

名前=仲田晃司(なかた・こうじ)

仕事=ワイン醸造家

勤務先=2000年にワイナリー会社のメゾン・ルー・デュモン設立、オーナーとなる

現住所=フランスのブルゴーニュ―

年齢=45歳

生まれ=1972年、岡山県高梁市に誕生し高校まで地元・大学進学を機に上京。

醸造家になったきっかけ=大学在学中アルバイトで東京・上野のフランス料理店でワインに出会ったことを機に、23歳の時1995年に渡仏。学位取得を経て会社を発足。現在に至る。

ちなみに神の雫の第9巻で描かれているのがフランスにいる日本人の方です。

この真のワイン好きの仲田晃司さんの今に至るまでの半生を、もう少し紐解こうと思います。

ボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位取得。2000年ルー・デュモン発足。

大学卒業後もフランス料理店で働き続けた仲田晃司さんは、ワインの奥深さを学ぶ中で、ずっと「将来は自分の手で美味しいワインを造りたい」という志を持ち続けていたそうです。

思いを果たすため、1995年、23歳の時、単身で渡仏を決断。ワイン生産者の中で醸造を修行。1999年についに、ボーヌの名門ワイン学校のCEPPAで学位取得に至りました。

ちなみに知らない方のために説明しますと、ボーヌはフランス東部の一つの地域の名前で、ブルゴーニュ―ワインの産地として有名な地域を指します。

ワイン学校CEPPA卒業後も、大手ワイン商などで勤務を続け、ついに仲田晃司さんはワイナリー会社のメゾン・ルー・デュモンを設立し、代表に就任しました。

「ルー」はお世話になった友人の娘さんの名前、DUMONT「デュモント」=山という意味で、岡山県の備後松山城をイメージしたものだそうです。

毛筆の天・地・人のラベルに思い。自らの力でぶどう有機栽培!!

出典=https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E5%A4%A9%E5%9C%B0%E4%BA%BA/100317/

夢だったワイン醸造家として一歩を踏み出した仲田晃司さんは、その後の人生を、今日までワインづくりに勤しむことになります。当時は、地味でグレーのラベルの状態でした。

2003年には「天・地・人」という名前のラベルを考案。ラベルには、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、オレンジ色の背景に、毛筆で「天・地・人」の文字が印字されています。

そしてこのワインは、少し調べてみると楽天の通販や、あの身近なスーパー・イオンでも売っているのです。(https://www.aeondewine.com/shop/c/ca106)←ここで買えます

「高級ワイン」ではなく「飲んでおいしいワイン」をつくることをモットーとしている。そのため、有名になり、高い評価を得るようになった今でも、みんなに飲んでもらえないような値段のワインはつくっていない。

今では土地に溶け込み、自らの力でワインを有機栽培しています。ちなみにブルゴーニュ―でブドウを栽培し、ワインを醸造するまでに至った日本人は今まで一人も居ないそうです。

オンリーワンで何かを成し遂げることの難しさを感じますね。この辺りも放送を通して深く知ることができることを楽しみにしたいと思います。

神が認めたブルゴーニュをつくる日本人

仲田晃司さんは、先ほども言いましたがワインマンガ『神の雫』にも登場したことがある醸造家だ。

2003年には、ジュヴレ・シャンベルタンにメゾンを移転。そのお披露目パーティーには、スペシャル・ゲストとして故アンリ・ジャイエ氏が招待されていた。ジャイエ氏は、「ブルゴーニュの神様」と呼ばれた天才醸造家で、1995年にワインづくりの一線から引退した後も、同氏の発言は大きな影響力を持っていた。

自身の影響力を考え、他人のワインについて評価をしないことで知られていたアンリ・ジャイエ氏だったが、そのパーティーで仲田氏のワインを大絶賛したのだ。

このことは瞬く間に知れ渡り、「神が認めたブルゴーニュ」として仲田氏のワインは世界中で知られるようになったんです本当にすごいです。

まとめ

以上が仲田晃司さんに関しての調査結果になります。

今後もどのようなすごいワインを作っていくのか目が離せないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。