鈴木康大(やすひろ)がライバルの飲み物に禁止薬物をいれた事が判明

T氏です。

勝てば官軍、勝ったものが強い、正義は必ず勝つなどの色々と勝負の世界には言うことがありますよね。

しかしスポーツの世界には道徳やルールなどがあってその範囲内での行動を取った上での事です。

今回はライバル選手を陥れようとドーピングさせた男に関しての調査です。

しかもその男はオリンピックを目指していた男でした。

今回は鈴木康大(やすひろ)に関しての調査結果です。

スポンサーリンク

事件概要

昨年9月に石川県小松市であったカヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングル(1人乗り)に出場した男子選手(32)が、別の男子選手(25)の飲み物に禁止物質を入れ、レース後のドーピング検査で陽性になっていたことがわかった。

2人とも、昨年8月にチェコであったスプリント世界選手権の日本代表で、2020年東京五輪の日本代表入りを目指すトップ級選手だった。

禁止薬物を混入した選手は、日本カヌー連盟や日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の調べに対し、2020年東京五輪出場が危うくなったと感じライバルを陥れようとした、と説明している。

関係者によると、禁止薬物は筋肉増強剤とも呼ばれるたんぱく同化ステロイドの一種。加害選手はインターネット通販で入手し、レース中に放置されていた被害選手の飲料水用ボトルに混入した。

レース後に気づかずに飲んでドーピング検査で陽性になった被害選手は無実を主張。日本カヌー連盟が調べたところ、混入の疑いが浮上した。疑われた加害選手はすぐに認め、陽性になった選手に謝罪したという。昨年12月までにJADAの調査で全容が判明。8年の資格停止処分を決め、近く連盟が発表する。

カヌー日本代表の加害選手の名前はどうやって判明?

加害選手は昨年8月にチェコであった、スプリント世界選手権の日本代表であり、
9月に石川県小松市であった、カヌー・スプリントの日本選手権で、カヤックシングルに出場したとあります。

そして年齢が32歳で、奥さんがカヌー・スプリントの五輪代表です。

これに当てはまるのが鈴木康大です。

1985年10月6日生まれで現在32歳。
奥さんは北京五輪カヌー日本代表の久野綾香さん。

小松市で行われたカヌー・スプリントの500メートル決勝では
5位に終わっていて、

若手に抜かれて5番手になってしまった

と加害選手が語ったのと一致します。

鈴木康大の経歴

千葉県出身小学生の時からカヌーを始め小学・中学と全国大会で4度の優勝を収めます。

千葉県立銚子商業高等学校に進み、3年生の時に国体で優勝しました。

その後立命館大学に入り、全日本大学選手権で準優勝・優勝、4年生の時に日本ランキング1位にまでなりました。

大学卒業後は滋賀レイクスターズに所属し、2008年の大分国体では優勝を飾りましたが、その後の北京オリンピックとロンドンオリンピックの最終予選でそれぞれ3位と4位に終わります。

2012年1月、滋賀レイクスターズを退社しました。

理由はカヌーの練習拠点を滋賀ではなく海外の1000メートル競技が強いところに移したいとの思いからでした。

現在は久野製作所に所属しています。

昨年8月、チェコでのカヌー・スプリント世界選手権では24位に終わりました。

10月のえひめ国体では3位になっています。

妻や子どもについて

鈴木康大の妻の久野綾香さんは2歳年下で、2008年北京オリンピック、カヌーカヤックフォア500m日本代表として出場し、6位に入賞しました。

それからは夫婦でリオ五輪を目指し、オーストラリアに住んでトレーニングをしていたのです。

子どもは2016年8月4日時点で3歳と1歳の女の子がいるということなので、現在は4歳と2歳くらいしょうか。

久野さんも久野製作所所属です。

まとめ

以上が鈴木康大に関しての調査結果です。

スポーツ選手としてライバルを陥れるのはちょっと良くないですよね。

そんな風に代表に選ばれても幸せなんでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。