宮脇貴史が水銀で殺害しようとした動機は?顔画像の調査結果!

T氏です。

水銀入りの加熱式たばこを吸わせて殺害しようと、推理小説読みまくりの男が逮捕されました。

今回は逮捕された宮脇貴史容疑者に関しての調査結果です。

スポンサーリンク

事件概要

知人男性に水銀入りの加熱式たばこを譲って吸わせ殺害しようとしたとして、滋賀県警は10日、大津市関津6の設備業、宮脇貴史容疑者(36)を殺人未遂容疑で逮捕した。

逮捕容疑は昨年6月3日、同県栗東市で金属水銀を含ませた加熱式たばこ1箱(カートリッジ20本入り)を同市の無職男性(37)に手渡し、同日から翌4日までに同市のパチンコ店などでカートリッジ14本を吸わせ、殺害しようとしたとしている。男性は頭痛などの異変に気付いて喫煙をやめたが、救急搬送され、全治不明の味覚障害などを負った。

県警捜査1課によると、宮脇容疑者は「カートリッジ1本につき0.3~0.5グラムの水銀を含ませた」などと供述し、殺意も含めて容疑を認めている。金属水銀は体温計などに使われているもので入手しやすいという。宮脇容疑者はエアコン設置などの業務をしており、県警は金属水銀の入手経路などを調べている。被害男性は宮脇容疑者が以前に経営していた会社の従業員だった。男性からの被害届を受けて県警が捜査していた。

◇加熱式シェア18%

加熱式たばこは、葉たばこを燃やさずに電気で熱し、発生する蒸気を吸うタイプのたばこ。煙が出ないことから近年、消費者が増えている。2016年4月にフィリップモリスジャパンの「IQOS(アイコス)」が全国販売され、日本たばこ産業(JT)なども続いた。JTの推計では、たばこ全体に占めるシェアは現在約18%で、2020年には30%を超えると見込まれる。

一方、水銀は蒸気として吸い込むと、胸痛や呼吸器の炎症、呼吸困難をもたらし、脳に滞留すると幻覚や妄想などの精神症状や、視野障害などの神経症状、頭痛などを引き起こすとされる。死に至ることもある。

宮脇貴史容疑者の顔画像、Facebookは?

宮脇貴史容疑者の顔画像について、調べてみましたが現在は公表されていないようです。

Facebookのアカウントも特定できておりません。

宮脇貴史の動機は?経営店舗も判明!

ここまでの強行にいたった動機はなぜでしょうか?

宮脇貴史容疑者は、スマートストアRを経営されていました。

その下で働いていた元従業員が今回の被害者です。

おそらく会社を辞めさせるほどのごたごたがあり、それが動機であることが考えられます。

ここまでの殺意があると、おそらく資金の持ち逃げとか何か被害者が失敗され会社に大損害が出たなどでしょうか?

水銀の入手経路も調査!

それより怖いのが、水銀の入手経路ですよね。

よく昔は体温計で使われたりしていましたが現在の入手は難しいです。

おそらく携帯修理や車両加工などもされている会社を経営されていたので、そういう関係から水銀を入手していたのかもしれません。

まとめ

以上が宮脇貴史容疑者に関しての調査結果です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。