住吉都の死因は何?スポーツ選手の光に隠された闇に関しての調査!

T氏です。

スピードスケート女子短距離で2014年ソチ冬季五輪代表だった住吉都(すみよし・みやこ)さんが20日、長野市の自宅で亡くなっていたと23日、所属先のローソンが明らかにした。30歳だった。死因などは公表していない。通夜、葬儀は遺族の希望により非公表。

今回は住吉都さんの死因に関しての調査結果です。

スポンサーリンク

ニュースの内容

スピードスケート女子短距離で2014年ソチ冬季五輪代表だった住吉都(すみよし・みやこ)さんが20日、長野市の自宅で亡くなっていたと23日、所属先のローソンが明らかにした。30歳だった。死因などは公表していない。通夜、葬儀は遺族の希望により非公表。

住吉さんは北海道釧路市出身。信州大では平昌五輪代表の小平奈緒(相沢病院)と同級生で、小平とともに出場したソチ五輪は女子500メートルで14位、1000メートルで22位だった。昨年12月の平昌五輪代表選考会では、代表の座を逃していた。

住吉都選手のプロフィール

生年月日:1987年3月19日
年齢:30歳
出身地:北海道
最終学歴:信州大学
所属:株式会社ローソン
身長:162cm
体重:56kg

同じく女子スピードスケート500m、1000mの日本記録を持つ小平奈緒選手は年齢も出身大学も同じでした。

成績

2011年 全日本スプリント選手権 総合第6位
2010〜2011年、ジャパンカップ総合 500m 優勝
同      1000m 第3位
2011年 全日本距離別選手権 第3位
2011〜2012年 ワールドカップポイントランキング 500m 第13位
2012年 世界距離別選手権 500m 12位
2012〜2013年 ワールドカップランキング 500m 総合 12位
2013年 世界スプリント選手権 500m 7位
2014年2月 ソチオリンピック女子500m 女子1000m代表
2017年 平昌五輪代表選考会に出場し落選

死因は一体何だったのか?数々の噂も!

23日現在、どのニュースを見ても 死因について書いてある媒体はありません。(ネットでも確定情報は出回っていません)

ネットの書き込みを見ると、「自ら命を絶ったのではないか」という情報が多く見られ、現在有力視されており、私自身もこの可能性が高いと感じます。

実は、住吉都選手は先月行われた平昌五輪の代表選考会に参加していることから、 病気などは考えづらいためです。

関係者のものと思われる以下のツイートの内容を見ると、 先月代表から落選し、相当ショックを受けていたことが伺えます。

住吉都さんが亡くなったと聞いて….ただただ言葉もない。 1回か2回話したことあるかないかくらいだけど、やっぱり同じスポーツやってて同じ大学入った身としては悲しい 先輩の話では、結構悩んでいたらしいし…. 平昌前なのに、奈緒さんや結城先生も辛いだろうな ご冥福をお祈りします。 — も え ち ゃ ん (@moesamato_oyobi) 2018年1月23日

住吉都選手に彼氏は?

小平選手に彼氏がいるうわさはネットにも数多く出回っていますが、住吉選手についての彼氏の情報は上がっていませんでした。

Facebookで何か変わった更新は?

Facebookも最近は更新されていませんでした。

それはFacebookを更新する余裕もないぐらい追い込まれていたことの現れだったのでしょうか?

死人に口なしなので今となっては何もわからないです。

住吉都は明るい性格だった?

住吉都選手はどのような人物だったのか、気になったので、YouTubeで検索してみると、 以下の動画に登場していました。(3分23秒あたりから)

最後に笑顔で大きく手を振る姿は 元気で明るそうな性格だったことが伝わってきますよね。

30歳で代表に入れず、 プロスポーツという厳しい勝負の世界で敗れた心境というのは 私たち一般人には理解できない感情でもあります。

仮に自ら命を絶ったのだとしても、 彼女が弱い人間だと責めることは私にはできません。

まとめ

もしもオリンピック落選のショックで自らの命をたったとしたらどうして思いとどまることができなかったのかと思います。

スポーツ選手の方は一途にスポーツしかしてきてない人とかもいるのでその環境が全てだったりします。

一歩後ろに下がって周りを見渡して見てほしかったですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。