将棋、藤井聡太四段29連勝 14歳、新記録樹立、来月7月2日に記録更新なるか!

T氏です、藤井聡太が29連勝を達成!!

スポンサーリンク

将棋、藤井聡太四段29連勝 14歳、新記録樹立!

将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。藤井四段は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した公式戦連勝記録の28を30年ぶりに塗り替え、新記録を打ち立てた。

この日は渡辺明竜王(33)への挑戦権を争うトーナメント戦で、下から2番目の5組で優勝した増田四段と一番下のクラスの6組で優勝した藤井四段が対局した。現在、10代の将棋棋士は2人しかおらず、藤井四段にとっては公式戦初の10代プロ対決を制した。

次戦は7月2日、同トーナメント4組優勝の佐々木勇気五段(22)と、30連勝をかけて対戦する。佐々木勇気五段は昨年度の勝率が7割を超す。

藤井四段は、昨年10月1日付で四段に昇段した。同12月24日、当時現役最年長の加藤一二三九段(77)との竜王戦6組ランキング戦の対局で初勝利。今年4月4日には11連勝を達成して、松本佳介六段(45)と近藤正和六段(46)が持っていたデビュー戦からの連勝記録を塗り替えた。

公式戦では劣勢に陥ったり、終局直前で対戦相手が手を間違えたりした将棋もあったが、敗れた相手が「スキのない将棋」と口をそろえる正確な指し手の連続が新記録につながった。14歳の快進撃はメディアに大きく取り上げられ、社会現象となった。

竜王戦では、次戦の佐々木五段に勝ち、さらに阿久津主税(ちから)八段(35)、久保利明王将(41)、松尾歩八段(37)に連勝すると、羽生善治王位(46)ら5人のトーナメントの勝者と挑戦者決定三番勝負で戦うことになる。竜王戦は10~12月に七番勝負が行われるため、勝ち抜けば年内のタイトル獲得の可能性がある。

藤井四段は2002年7月19日、愛知県瀬戸市生まれの中学3年生。昨年10月、史上5人目の中学生プロ棋士になった。

藤井四段29連勝について久保王将、3年前のスゴい記憶

将棋の最年少棋士、藤井聡太四段は26日、東京都渋谷区の将棋会館で指された竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段を破り、公式戦の新記録となる29連勝を達成した。

大記録を達成した藤井四段に対し、兵庫県加古川市出身の久保利明王将(41)は「将棋界を背負う逸材」と称賛する。大盤解説を務めた公式戦28連勝の対局(21日、大阪)を振り返り、「安定していてミスがない。昨年12月のデビュー以降、さらに安定感が増している」と分析する。

印象深いのは2014年の「詰将棋解答選手権チャンピオン戦」。制限時間90分の筆記試験で、久保王将らトッププロも頭を抱える難問が並ぶ中、当時11歳の藤井四段は20分余りで会場から出て行った。「後方で席を立つ気配がしたので、トイレにでも行ったのかなと思った」。後に、既に解き終えていたことを知り、驚いた。藤井四段は同選手権を15年から3連覇中だ。

第30期竜王戦決勝トーナメントで藤井四段があと2局を勝ち抜けば、久保王将と対局することになる。新人棋士とタイトルホルダーが公式戦で顔を合わせる機会は珍しいが、久保王将は「遠い先の話ではなくなってきた」と話した。

将棋・藤井聡太四段、わずか半年で大記録・29連勝達成! 連勝の軌跡

将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が6月26日、従来の記録を30年ぶりに更新する29連勝を達成した。昨年12月のデビュー以来、無敗のままでの快挙に、将棋界のみならず日本中が大いに沸いた。若干14歳の天才棋士が、将棋を始めてから大記録を達成するまでの軌跡をたどった。

5歳で将棋を始める

出身は愛知県瀬戸市。隣に住む祖父母の影響で、5歳から将棋を始める。その後、近くの将棋教室に通うようになった。将棋教室の文本力雄さんによると「体の細胞が全部将棋で出来ているよう」。

弟子入り、奨励会入り、詰将棋解答選手権

杉本昌隆七段に弟子入りし、2012年6月に奨励会入り。小学6年生時には、プロ・アマが多数参加する詰将棋解答選手権で、史上初めて小学生として優勝(現在、3連覇中)。杉本七段は「弟子に取った時からびっくりするような才能は持っていた。勝った時はあまり喜ばないけれど、負けると将棋盤を抱えて泣いていた」。

14歳2カ月でプロ入り、デビュー戦勝利

奨励会三段リーグで1期抜けを果たし、2016年10月に史上最年少となる14歳2カ月でプロ入り(それまでの記録は加藤一二三九段の14歳7カ月)。同年12月のデビュー戦では、加藤一二三九段と竜王戦6組ランキング戦で対戦し、快勝。62歳差、最年少対最年長という話題性もあり、50人以上の報道陣が詰め掛けた。

「炎の七番勝負」で6勝1敗、羽生三冠にも勝利

インターネットテレビ局・AbemaTVの特別対局企画「炎の七番勝負」で2月に7人の若手、ベテランの実力派と対戦。6勝1敗の好成績を収めた。最終第7局では、羽生善治三冠に勝利。非公式戦ながら各メディアでも大々的に取り上げられた。非公式戦での敗戦は、第2局の永瀬拓矢六段戦、イベントで対局した羽生善治三冠戦、豊島将之七段戦の3回のみ。

デビュー以来の連勝記録更新、さらに連勝

2017年4月4日、王将戦一次予選で小林裕士七段に勝利し、新人のデビュー以来の連勝記録「10」を更新する、11連勝を達成した。その後も勢いは止まらず、6月7日の上州YAMADAチャレンジ杯では1日で3勝、6月10日の叡王戦では2勝を挙げるなど、一気に連勝を伸ばした。

ついに歴代最多に

6月21日の王将戦1次予選で澤田真吾六段を破り、歴代最多タイとなる28連勝を達成。6月26日の竜王戦決勝トーナメント1回戦で、増田康宏四段を破り、ついに最多記録を更新する29連勝を達成した。

わずか半年での大記録達成、6月だけで10勝

藤井四段の勝利数は2016年12月、1月に1勝ずつ。2、3、4月に4勝。5月に5勝を挙げると、1日で複数の対局が行われることもあった6月で一気に増加。10勝を挙げた。デビューから半年で29戦、すべてに勝利した。

まとめ

  • 将棋、藤井聡太四段29連勝 14歳、新記録樹立。
  • 次戦は7月2日、同トーナメント4組優勝の佐々木勇気五段(22)と、30連勝をかけて対戦する。佐々木勇気五段は昨年度の勝率が7割を超す。

その他の藤井聡太の記事はこちら:

藤井聡太30連勝になるか!佐々木勇気自分の将棋を指し、勝利に対する勝機あり!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。