藤井聡太30連勝になるか!佐々木勇気自分の将棋を指し、勝利に対する勝機あり!?

T氏です。先日藤井聡太四段(14)が29連勝を達成しました、早くも人々の関心は30連勝達成になるか!?という所にいっています。藤井聡太四段が7月2日の竜王戦決勝トーナメント2回戦で対戦する相手は佐々木勇気5段(22)、今日は佐々木勇気5段がどのような人物か話していきたいと思います。

スポンサーリンク

藤井聡太四段竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段に挑む!

7月2日の第30期竜王戦決勝トーナメント2回戦で30連勝が懸かる藤井聡太四段、対戦相手の佐々木勇気五段は26日、

「周りの空気にのまれずに連勝を止める気で臨む。藤井四段の勝ちへと導く読みとスピードにはすごみを感じるが、それにひるむことなく、自分の将棋を指したい。熱戦に期待してください」とコメントを出した。

藤井聡太四段対戦相手の佐々木勇気五段とはどんな人物?

 佐々木 勇気(ささき ゆうき、1994年8月5日 – )将棋棋士。石田和雄九段門下棋士番号は280スイス・ジュネーヴ生まれ、埼玉県三郷市出身

 スイス.ジュネーブ生まれという何ともおしゃれな佐々木勇気五段、プロデビューの際に語っていた言葉が。

どんなに悪くても(= 不利な局面になっても)最後まで諦めないで指すタイプ。簡単には折れないのが長所。そういうところを棋譜などで感じ取ってもらえたら嬉しい

佐々木勇気五段の2017年の対局戦績

 2017年の対局数は8戦して6勝2敗、勝率が75%、先手での勝率が今のところ100%なのでこれは佐々木勇気五段としては藤井聡太四段に勝つ為には先手でスタートしたい所。

 佐々木勇気5段はプロ通算では305対局して、勝率が約67%、先手での勝率が72.5%なのでやはり先手でいきたい所だと思う。

 将棋は他のボードゲームと比べて先手が有利とかはあまりないゲームなので佐々木勇気五段の得意なパターンなんだと思う。

棋歴

2003年、三郷市立鷹野小学校3年で全国小学生倉敷王将戦低学年の部に出場し、優勝。

2004年、同4年(出場時は3年)のとき、小学生将棋名人戦で優勝(準優勝は、菅井竜也)。4年生の優勝は、1994年の渡辺明以来、史上2人目の最低学年記録である[1]。同年9月に6級で奨励会に入会。

 5級時代に一度降級点を喫したが、概ね順調に昇級・昇段し、2008年4月に三段に昇段。中学2年の4月での三段昇段は、豊島将之と並ぶ当時の最速タイ記録であり、現在は2015年10月に中学1年で三段昇段した藤井聡太に次ぐ記録である。

奨励会三段リーグには、第44回(2008年度後期)から参加。2回(1年)以内に四段昇段すれば加藤一二三・谷川浩司・羽生善治以来4人目の「中学生棋士」、3回(1年半)以内に昇段すれば、渡辺明と同じく中学卒業と同時のプロ入りという記録がかかっていたが、第44回6位(12勝6敗)、第45回17位(9勝9敗)、第46回4位(13勝5敗)と、四段昇段に迫るも果たせなかった。

しかし、4回目となる第47回(2010年度前期)で14勝4敗(6勝4敗からの8連勝)1位の成績を収め、プロ入りを決める。当時のインタビューで、

「やっぱりタイトルは取れるようになりたい。連勝記録を塗り替えたい。勝ち進んでいきたい」

と述べ、高い目標を掲げた。16歳1ヶ月でのプロデビュー(2010年10月1日付)は、現行三段リーグ制度導入(1987年)以降では、藤井(14歳2ヶ月)、渡辺(15歳11ヶ月)に次ぐ3番目の年少記録であり、通算でも藤井、加藤、谷川、羽生、渡辺に次ぐ6番目の年少記録である。

第25期(2012年度)竜王戦6組の昇級者決定戦・決勝で船江恒平を破り5組に昇級した

第3期(2013年度)加古川青流戦では決勝まで進み、三番勝負で千田翔太に2勝1敗で勝利(3局とも後手番が勝利)し、プロ棋戦初優勝を遂げた。

第72期(2013年度)順位戦C級2組で8勝2敗の成績で3位となり、C級1組に昇級。規定により五段に昇段した。

棋風

 佐々木勇気五段の得意戦法は矢倉

対する藤井聡太四段の得意戦法は居飛車の本格派で、悪手の少なさに定評がある。得意戦法は角換わり。

矢倉の佐々木勇気五段藤井聡太四段戦いは攻め対攻め戦いとなりそうです。

人物・エピソード

プロデビューは、都立高校としては初の中高一貫校・都立白鴎高校1年生のときである。元東京都教育委員で当時日本将棋連盟会長の米長邦雄永世棋聖は、「伝統文化を積極的に取り入れている学校の在校生が棋士になったことは、都教委の勝利」としている。

石田の弟子で棋士となったのは、勝又清和以来、佐々木が15年半ぶり・2人目である。

2013年10月にプロ棋士となった三枚堂達也とは幼少期から同じ将棋道場に通い、同じ都立白鴎高校出身で、奨励会も同期で入会した仲で、1年年上の三枚堂は四段昇段決定時のコメントで佐々木をライバル視している。更には、三枚堂のプロ四段としての初対局相手となったのも、偶然にも佐々木であった。

昇段履歴

昇級・昇段規定は、奨励会規定 および将棋の段級 を参照。

  • 2004年9月(小学4年) 6級 = 奨励会入会
  • 2005年1月( 〃 ) 5級(9勝3敗)
  • 2005年6月(小学5年) 4級(6連勝)
  • 2005年9月( 〃 ) 3級(9勝2敗)
  • 2005年11月( 〃 ) 2級(9勝3敗)
  • 2006年10月(小学6年) 1級(9勝3敗)
  • 2007年4月(中学1年) 初段(12勝2敗)
  • 2007年6月( 〃 ) 二段(8連勝)
  • 2008年4月(中学2年) 三段(12勝4敗) … 中学2年4月の三段昇段は歴代2位タイ記録。2008年度後期(第44回)から三段リーグ参加。
  • 2010年10月1日 四段(第47回奨励会三段リーグにて14勝4敗・1位) = プロ入り
  • 2014年3月11日 五段(順位戦C級1組昇級)

まとめ

  • 藤井聡太四段が29連勝を達成しました、早くも人々の関心は30連勝達成になるか!?
  • 周りの空気にのまれずに連勝を止める気で臨む。藤井聡太四段の勝ちへと導く読みとスピードにはすごみを感じるが、それにひるむことなく、自分の将棋を指したい。熱戦に期待してくださいとコメント
  • 2017年の対局数は8戦して6勝2敗、勝率が75%、先手での勝率が今のところ100%なのでこれは佐々木勇気五段としては藤井聡太四段に勝つ為には先手でスタートしたい所。
  • 矢倉の佐々木勇気五段藤井聡太四段戦いは攻め対攻め戦いとなりそうです。

その他の藤井聡太の記事はこちら:

将棋、藤井聡太四段29連勝 14歳、新記録樹立、来月7月2日に記録更新なるか!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。