空爆で猛毒サリン使用 内戦続くシリア、投下者はなんと!?徹底調査!

T氏です。シリアで起きた空爆猛毒サリンが使われたと言う。日本人に取ってはオウム真理教の事件を思い出してしまう忘れられない物ではないか。

スポンサーリンク

空爆で猛毒サリン使用 内戦続くシリア、投下者は不明

化学兵器禁止機関(オランダ・ハーグ、OPCW)は6月30日、内戦が続くシリアの北西部イドリブ県で4月に民間人100人以上が死亡した空爆で使われたのが、猛毒のサリンを用いた化学兵器だったとの調査結果を発表した。使用したのが、アサド政権か反体制派かは特定できていないという。

米国のトランプ政権は4月、アサド政権が化学兵器を使ったとしてアサド政権軍の空軍基地をミサイル攻撃した。英国やフランスもアサド政権側が使用した疑いが強いとみており、国際的な批判が高まっていた。

OPCWの調査団は、安全上の理由から化学兵器が使われたとされる現場に入れなかったものの、被害者の検視に立ち会ったり、検体を採取したりするなどした結果、サリンが使われたと結論づけた。調査結果は国連にも報告された。

化学兵器が使われたとされるイドリブ県は反体制派と過激派組織の支配地域。地域住民によると、4月4日の空爆後、多くの人が呼吸困難に陥り、口から泡を吹いたり、けいれんしたりしていたという。

投下者はなんと!?裏にはロシアが関わると言われてる。

自分たちは化学兵器を使っていない、先週の出来事はアルカイダや米政府によるでっちあげだと断言するアサド大統領の言い分は、いわゆる「検察の弁論」と大きく矛盾する。

しかも、反政府勢力の化学兵器倉庫がシリア戦闘機の攻撃で被弾したため薬品が漏れ出たのだという、ロシアの言い分にもあまり合致しない。

被害者の多くは国境を越えてトルコで手当てを受けた。その患者たちから採取した標本をトルコで分析した結果、サリンのような物質が使用された可能性が指摘されている。この事実も、アサド氏の反論と相反する。

加えて、攻撃を実施したとされる航空機が空軍基地から出発し、目的地まで飛行し、そしてまた基地へと戻る経路を追跡していた米政府による、詳細な説明もある。

アメリカのミサイル攻撃の裏

レッドラインという言葉はオバマ大統領時代からシリアに向けて使われており、トランプ大統領もこれを指摘した上で、「シリアの独裁者アサドが恐ろしい化学兵器で罪のない市民を攻撃した。化学兵器の使用と拡散を防ぐことはアメリカの安全保障上の重要な利益だ」と強く非難しました。

シリア政府(アサド政権)が行った化学兵器による空爆は、国際的にも越えてはならない一線であることは間違いなく、トランプ大統領もシリア政府の空軍基地に向けて59発のトマホークミサイルを発射する軍事的制裁を加えることとなったのですが、そこには色々な意味が隠されていると言われています。

シリアへの攻撃はトランプ大統領にとって、初めての本格的な軍事行動となりました。

 標的は、シリア政府の空軍基地にある軍用機、滑走路、燃料施設で、複数のアラブメディアによると、米軍が発射したトマホークミサイルはシリア西部・ホムス付近の空軍基地(化学兵器使用疑いのある基地の近く)に着弾したとのこと。

その際、アメリカは事前にロシア側に攻撃を予告し、そこに駐留するロシア軍(ロシア機体)は標的になっていません。これは単純にロシア軍は無関係であり、あくまでもシリア政府が行った戦争犯罪に対するものと表向きは公表。

今回のミサイル制裁は、「トランプ政権においてのアメリカは『軍事行動のカード』が切るぞ」というメッセージが込められているのがポイントです。非常にわかりやすい意図ではあるのですが、対米関係においてプレッシャーを与える良い機会でもあったともいえるでしょう。

これは北朝鮮に向けての遠回しな威嚇であり、習近平国家主席との米中首脳会談が行われている中で、中国の北朝鮮への付き合い方について脅威を示すかたちになったと言われてます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。