ジョニーデップ豪遊により破産!?日本のCMに初出演した真相!?

現在放送中のアサヒスーパードライのテレビCMで初めて日本のコマーシャルに出演しているジョニーデップ。 撮影はアメリカのロサンゼルスで行われ、日差しが眩しいビルの屋上で、福山雅治と二人であついギターセッションをしている。弾き終わった後にビールで乾杯をし、握手でお互いのギタープレーを褒め合うという内容。

CMのタイトルは「ただ一度だけのスーパードライ篇」。ジョニー・デップと福山雅治というアジアとハリウッドの二大スターによる夢の共演によって、スーパードライ発売30周年の特別限定醸造商品である「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」のスペシャル感を表しているのでしょう。

俳優としてだけではなくミュージシャンとしても活躍するジョニーデップ。「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」の新CMでは、福山さんが制作した音楽に対してジョニー・デップがフィーチャリングという形で参加する予定でしたが、福山さんが作っておいたフレーズについて「万が一間違っていた場合の為に確認させて」とデップが自分のモーターホームに呼び一緒にフレーズの練習をしたようです。

スポンサーリンク

ジョニーデップといえばつい最近、破産寸前だと報じられ話題にもなりました。

度々報じられる豪遊生活で金欠になり今回のCMのオファーを受けたとも噂されています。 ジョニーは今年1月に自身のマネジメント会社「TMG」を17年間にわたって任せておいた財産管理がでたらめであったという理由で訴えました。それを受け、その直後にTMGもジョニーがいままでいかに贅沢三昧で散財し続けてきたかを理由に訴訟を起こしています。

贅沢三昧をしているという内容がまた凄いのです!!

まずジョニーデップの一か月の生活費は2億円以上。 彼が所有している車は45台、豪華なヨット一隻、そして不動産は14カ所。 24時間のボディーガードは一か月で1700万円以上、彼の大好きなワイン代は一か月で300万円。さらに自身のマネージメント会社TMGにも約5億円の借金があるようです。

ジョニーデップが借金を抱えている為、今回のCMオファーを受けたと噂をされていますが、バブル時代ほどではないにせよ、やはり外国のスターにとって日本のCM出演はまだまだおいしい仕事のようですね。

来月7月に日本で公開予定の大人気ディズニー映画シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を引っ提げ、主演のジョニー・デップが、新たな相棒・ヘンリー役の新星ブレントン・スウェイツと、美しく聡明な天文学者・カリーナ役のカヤ・スコデラーリオとともに来日することが決定しました。

ジョニーにとって、約7か月ぶり13度目の来日となります。今月の6月9日に54歳の誕生日を迎えたジョニー、ファンとしては今後も彼の行動が気になるばかりです。

その他のジョニーデップの記事はこち:

「パイレーツ・オブ・カリビアン」の最新作”ずぶぬれ4D”上映決定!!体験できるのは日本だけ!!!! 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。