ソロモン・ニャンタキ(元パルマ)逮捕!気になる経歴など犯行の動機を調査したらやばい結果に!

T氏です。

サッカー選手のソロモン・ニャンタキが逮捕されたニュースを見ました。

結構若い選手なので全然情報がないのですが色々と調べさせてもらいました。

ソロモン・ニャンタキはどうやら自分の母親と妹を殺害した疑いで、

逮捕されたようです。

ソロモン・ニャンタキも罪を認めてるようです。

スポンサーリンク

事件概要

事件を起こしたのは21歳のガーナ人選手ソロモン・ニャンタキ。

43歳の母親と11歳の妹が、

11日夜にパルマ市内の自宅アパートで殺害されているのを、

25歳の兄が発見したとのことだ。

母親と妹は刃物で刺殺されたとみられ、部屋は血まみれになっていたという。

すぐに疑いをかけられたソロモンは行方が分からなくなっており、

携帯電話も繋がらない状態となっていたが、

12日朝にミラノ中央駅で警察に逮捕された。

逮捕されたソロモンは罪を認めたようです。

ソロモン・ニャンタキのプロフィール

ソロモン・ニャンタキはガーナの首都アクラ出身

8歳の時にイタリアに家族で引っ越してきて13年間一緒に住む。

ソロモン・ニャンタキはパルマの下部組織で育ち、

将来を有望視された選手の一人だったみたいです、

すごいシャイな性格のせいでベンチに回ることも多かったみたいです、

技術はすごいあったようですが。

そして話が変わりますがパルマと言えば中田英寿ですね。

ソロモン・ニャンタキの話に戻すと、

パルマがセリエAで戦っていた2014年にはトップチームに招集を受け、

セリエAの試合に数回ベンチ入りしたこともある。

2015年にパルマが破産による降格を強いられたあとは、

イタリアの下部リーグでプレーしていた。

「何度かベンチ入りさせたのを覚えている。物静かな若者だった。何があってそのような行為に及んだのか理解しがたい」

と当時のパルマを率いていたロベルト・ドナドーニ監督はコメントし、

困惑した様子を見せている。

殺人の動機は?

事件が起きたのはソロモン・ニャンタキの家、パルマ駅の近く、

ソロモン・ニャンタキ一家は6階に住んでたみたいです。

近所に住んでる人によると、事件が起きたのは昼の2時半ごろ。

妹が

“お母さんお母さん!”

という叫び声も聞こえた様子。

ソロモン・ニャンタキは逃走中にミランの辺で逮捕されたようだ。

ソロモン・ニャンタキは取り調べの後に容疑を認めこういったようだ。

母と幼い妹を殺したのは本当だ、ナイフで何回か刺した殺害をしたのは昨日の夜自分の家でだ。

母親はイタリアにガーナから戻って来たばかりで、

父親はロンドンに残り仕事をすると行っていなかったようです。

さらにどうやらソロモン・ニャンタキの母親は妊娠をしていたようだ。

まだそれくらいしか明らかになっていません。。

前シーズン途中からセリエDにでプレーすることになり、

それからサッカーをまったくしなくなり悪い仲間と付き合うようになって、

この事件が起きてしまった。

最初はお母さんの妊娠は違う人の子供だったのかと、

色々とニュースを読んでた時に思いましたが今のとろろは情報なし。

可能性もありですね。

まとめ

まだあまり理由が明らかにされてないので今後もこの件について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。