新海監督の不倫否定、浮気相手の名は。?!

僕の名は。T氏です。引き続き話題を呼んでいる昨年の大ヒットアニメーション映画『君の名は。』で知られる新海誠監督(44)が13日、自身のツイッターを更新。

スポンサーリンク

自身のツイッターで不倫を否定

女性編集者との不倫を一部スポーツ紙で報じられた件につき、以下のように報道を否定した上で謝罪した。

「僕の交際関係を報じる記事が出たとのこと。記事中にある食事等は事実ですが、交際の事実は一切ありません。お騒がせしてしまい、たいへん失礼いたしました」

その他にも

「僕のプライベートなどに関心をもっていただけるなんてと驚いています。誤解を招いてしまう行動でした。僕の仕事は良い映画を作ることですので、今は新作制作に全力で向きあっているところです。重ねてお騒がせ、失礼いたしました」

と改めてお詫びしている。

日刊スポーツ報道では、新海監督は昨年春ごろ共通の知人を通じて女性と知り合い、秋ごろから不倫交際に発展したと複数の関係者の話として伝えている。新海監督の所属事務所もORICON NEWSの取材に対し「仲のいい友人の一人です」と不倫を否定していた。

実際はどうなの?

食事等は事実だが交際の事実が無いということは、交際以外の事は本当だったと認めたのと同じである。他に日刊スポーツが挙げていた内容というと、映画鑑賞、女性宅でのデート。
現実世界は正直、新海監督が映画の中で描くような純情純愛ではない事も彼は十分承知のはず。にも関わらずこの様に逃れようとするのは何がなんでも無理があるのではないかと思う。

彼女とはオープンな関係である事を彼自身のツイッターで認めてる様子ではあるが、はたして奥さんである三坂知絵子、娘の新津ちえの間ではどうなのか?家族にはどの様に説明をしているのだろう。。。

今後の展開

6月現在、新海誠デビュー15周年を記念して”新海誠展”が開催されており、来月7月26日には「君の名は。」のブルーレイやDVDの発売も予定されているが、なぜこのタイミングで!!と思った人も少なくはないはず。

昔から火のない所に煙は立たないと言うことわざがあるように、不倫のニュースがでると言う事は何かしらの根拠があっての報道だと思われる。不倫のニュースは報道の真実がどうであれ悪いイメージしか残さないのが事実だが、否定をしてしまった以上これが嘘だった場合はさらにイメージダウンに繋がる事間違いなしです。

仮に報道が嘘だった場合、新海誠側は名誉棄損で訴え、損害賠償を請求する事もできますが、今現在その様な動きは見られません。

今後の展開が気になるところだが、万が一証拠写真が見つかってしまった場合、急遽謝罪会見を開きこう発言するに間違いない。

僕の浮気相手の名は。

その他の新海誠監督の記事はこちら:

君の名は。新海監督が不倫、彼女が奥さんと入れ替わった!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。