国内ニュース一覧

名古屋港でもヒアリが発見!アナフィラキシーショックの可能性も!色々と調査!

強い毒を持つ特定外来生物のアリのヒアリが、名古屋港で7匹見つかったと発表した。国内でヒアリが確認されたのは3カ所目。同省は国土交通省と合同で、同港を含む輸入コンテナ取扱量の多い6港と、ヒアリ分布地域の中国・台湾に近い那覇港を加えた7港で調査に着手した。7匹は27日に貨物船のコンテナ上部で発見され、全て駆除された。研究機関に持ち込まれた死がいのサンプルがヒアリと確認された。

稲田朋美防衛相の発言、何に問題があったかを調べてみた。発言撤回したが今後が気になる!?

稲田朋美防衛相は27日、東京都板橋区で開かれた東京都議選(7月2日投開票)の自民党候補を応援する集会が行われてその場で稲田朋美防衛省が発した言葉というのが。「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としても、お願いしたいと思っているところだ」稲田氏は27日夜、記者団に対し、発言を撤回する考えを示した。稲田防衛相は、「誤解を招きかねない発言に関して、撤回したい」と述べた。また、稲田氏は「これからも職務を全うしたい」と述べ、辞任は否定した。

藤井聡太30連勝になるか!佐々木勇気自分の将棋を指し、勝利に対する勝機あり!?

 7月2日の第30期竜王戦決勝トーナメント2回戦で30連勝が懸かる藤井聡太四段、対戦相手の佐々木勇気五段は26日、「周りの空気にのまれずに連勝を止める気で臨む。藤井四段の勝ちへと導く読みとスピードにはすごみを感じるが、それにひるむことなく、自分の将棋を指したい。熱戦に期待してください」とコメントを出した。

将棋、藤井聡太四段29連勝 14歳、新記録樹立、来月7月2日に記録更新なるか!

将棋の史上最年少棋士で、デビュー戦以来無敗の藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館であった竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段(19)に勝ち、歴代単独1位となる29連勝を達成した。藤井四段は、神谷広志八段(56)が1987年に達成した公式戦連勝記録の28を30年ぶりに塗り替え、新記録を打ち立てた。

かわいいパンダに隠された中国の外交の裏!?パンダはすべてレンタル!?!

中国は1970年代から、主に同国で生息するジャイアントパンダを、日本やアメリカなど約14カ国に贈与・賃与し、「パンダ外交」を展開してきました。後にパンダが絶滅危惧種であることから、ワシントン条約により売買や贈与はできず、賃与のみとなりました。賃与パンダから生まれた子どもは性成熟に達する4歳ごろに中国に返還されます。

いよいよ始まる青酸連続殺害の裁判員裁判!事件を概要からおさらい!

京都府向日市の男性らに青酸化合物を服用させたなどとされる連続殺人事件で、殺人罪3件と強盗殺人未遂罪に問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判が26日、京都地裁(中川綾子裁判長)で始まる。弁護側は捜査段階での自白を覆して無罪を主張する一方、検察側は千佐子被告の周辺から検出された青酸化合物や各事件の類似点など状況証拠を積み重ねて立証する方針だ。起訴状では千佐子被告は2007~13年、向日市の筧勇夫さん=当時(75)=ら夫や交際相手に青酸化合物を服用させ、殺害したなどとしている。

error: