スポンサーリンク

ライオンエア航空JT610便の墜落の原因や理由は?被害状況を現場の動画や画像で検証!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

インドネシアのジャカルタからパンカルピナンに向かっていた

同国大手ライオン・エアのボーイング737型機が墜落と現地メディア。

ライオンエア航空JT610便の墜落の原因や理由は?

被害状況を現場の動画や画像で検証!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ライオンエア航空JT610便の墜落の原因や理由は?

ライオンエア航空JT610便の墜落の原因や理由は何なのでしょうか?

まだ詳しい原因や理由などは明らかになっていません。

インドネシア・ジャカルタ郊外にあるスカルノ・ハッタ国際空港を離陸した、

格安航空のライオン・エアのJT610便が29日8:30過ぎ(日本時間)に海上に墜落しました。

墜落した航空機は、新型機材のB737-MAX-8・PK-LQPで、今年8月に納入されたばかりの機材です。

旅客機が発信する位置や高度の情報をもとに飛行コースをインターネット上で公開している

民間のホームページ「フライトレーダー24」によりますと、

このライオン・エアの旅客機は、29日午前6時20分にインドネシアの首都ジャカルタを離陸し、

北部にあるバンカ島のパンカルピナンに向かっていましたが、ジャワ海の上空でデータが途切れています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

被害状況を現場の動画や画像で検証!

被害状況を現場の動画や画像で検証!

https://twitter.com/tubasakunz/status/1056739064580235264

https://twitter.com/yadaboya/status/1056735011963949057

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上がライオンエア航空JT610便の墜落の原因や理由は?

そして被害状況を現場の動画や画像で検証結果でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です