スポンサーリンク

銅子正人(キング)テキシア・ジャパン経営者の顔画像や犯行動機は?配当金の元気玉って何?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

「毎月3%の配当」などと嘘を言って顧客から6400万円をだまし取ったとして、

投資会社の実質的経営者ら10人が逮捕されました。

全国1万人以上から約460億円を集めたとみられています。

今回は銅子正人(キング)テキシア・ジャパン経営者の顔画像や犯行動機は?

そして配当金の元気玉って何?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

銅子正人(キング)テキシア・ジャパン経営者の顔画像やFacebookは?

銅子正人(キング)テキシア・ジャパン経営者の顔画像やFacebookについて調べてみました。

こちらが銅子正人(キング)テキシア・ジャパン経営者の顔画像になります。

銅子正人(キング)テキシア・ジャパン経営者のFacebookに関しては見つかっていません。

銅子容疑者は関西の大学でサッカー部に在籍し、その後フットサルの指導者として活動。

2003年発行のフットサル専門雑誌によると、フットサルチームの監督を務め、

複数のプロスポーツ選手の専属トレーナーも担っていたとされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詐欺の犯行動機は?

「高配当が得られる」などとうその説明をして出資を募り、

現金をだまし取ったとして詐欺の疑いで

投資コンサルティング会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)の

会長銅子正人容疑者(41)=自称大阪市淀川区東三国=と

同社の前社長安達慶三容疑者(58)=神戸市中央区磯辺通=ら10人を逮捕した。

愛知県警によると、同社は2013年7月〜17年9月、

47都道府県の会員約1万3千人から計約460億円を違法に集めた。

被害者は愛知、福井両県で多いという。両県警は同日までに、

関係先を家宅捜索して関連資料を押収。実態の解明を急ぐようです。

テキシア社は13年に勧誘を始めた。銅子容疑者を頂点として、

地区ごとに勧誘のリーダーを置くピラミッド型の組織で会員を増やした。

出資額や勧誘実績に応じて一般の会員が「マネジャー」「ディレクター」などに昇格できる仕組みだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

配当金の元気玉って何?

テキシアジャパンホールディングスは事業を「日本元気プロジェクト」と銘打って出資を募り、

毎月3%の配当金を「元気玉」と名付け出資者(会員)に還元を約束していたようです。

説明会の参加者らによると、銅子容疑者は高級スーツにサングラスを着用し、自ら「キング」と名乗った。

自分はシンガポール在住の億万長者とうたい、参加者に食事代として現金を配ることもあった。

コミュニティーFMのラジオ番組に出演したり、歌手としてコンサートを開いたりして、

「東日本大震災で困窮している日本を元気にする」などと話していたという。

銅子容疑者が出演したコミュニティーFMの番組を担当し、

自分も100万円を出資した中国地方に住む女性(58)は

「(銅子容疑者の)言葉には魂の叫びのような重みがあった。

日本元気プロジェクトで受け取ったお金を地域で使い、地域を元気にするとの話に共感した」と振り返る。

関係者によると、会員は無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取り合っていた。

ラインのグループでは、「子キングたちよ、魂の中に眠っていた熱い想(おも)いを呼び起こせ」

などと出資を求める銅子容疑者の言葉が投稿されていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上が銅子正人(キング)テキシア・ジャパン経営者の顔画像や犯行動機は?

そして配当金の元気玉って何でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です