スポンサーリンク

岩村樹憲教授(松山大薬学部)の顔画像や経歴について!生徒に危険薬物を作らせた理由がやばい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持したりしたとして、四国厚生支局麻薬取締部が16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検した。捜査関係者が同日、明らかにした。

今回は逮捕された岩村樹憲教授(松山大薬学部)の顔画像や経歴について!生徒に危険薬物を作らせた理由がやばい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岩村樹憲教授(松山大薬学部)の顔画像や経歴について!

岩村樹憲教授(松山大薬学部)の顔画像や経歴について調べてみました。

こちらが岩村樹憲教授(松山大薬学部)顔画像と経歴になります。

名前:岩村 樹憲

役職:松山大学薬学部 医療薬学科 医薬品化学研究室

職種  教授

学位 薬学博士

学歴 岐阜薬科大学 薬学部 製造薬学

職歴(研究職歴)

1.1986/04~1991/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助手
2.1991/04~2004/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・講師
3.2004/04~2007/03 岐阜薬科大学 薬学部 薬化学講座・助教授
4.2007/04~ 松山大学 薬学部 薬学部医療薬学科・教授

「松山大学」私立大学です。

こちらが大学の地図になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

生徒に危険薬物を作らせた理由がやばい!

捜査関係者によると、岩村教授は医療薬学科の教授で、危険ドラッグなどの薬物を研究。学生に合成させたことを認め「勉強のためにやらせていた」などと話している。

書類送検容疑は2013年、学術研究を目的として麻薬の製造などを行える麻薬研究者の免許がなかったが、自身の研究室の学生にMDMAを合成させるなどした疑い。

絶対に自分が使うのを目的に作ってる気がしますね。一度良さを覚えてしまうと使う癖がでてしまうんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上が岩村樹憲教授(松山大薬学部)の顔画像や経歴について!生徒に危険薬物を作らせた理由がやばい!日本は海外と違ってこういう問題に対してすごいうるさいですから今後現場に復帰をする事は難しいでしょうね、逆にそういう危険なものを開発する機関に行ったりしたら重宝されるかもしれないですが。

日本ってすべてが完璧じゃないといけない風習があってそれがたまに苦しく思えるところがありますよね。海外だったらそういう事をしていてもスポーツ選手だったり、優秀な芸術家だったり、俳優や女優だったら現場に絶対にかえってこれますしね。その辺も日本がこれから変わっていかないといけないところなのかもしれないですが。

実際違法薬物はいけないものである事はかわりないので絶対に使っちゃだめですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です