スポンサーリンク

沖縄で小学生が不発弾を見つけた場所は?現場の様子の動画や画像まとめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

沖縄県宜野湾市立大謝名小の男子児童が5月30日午後6時ごろ、下校後に遊んでいた際、市嘉数の畑近くにある石積みの中から不発弾1発を見つけ、自宅へ持ち帰っていたことが5日、分かった。不発弾は米国製の手りゅう弾。自衛隊が回収し、けが人はなかった。同小は今月4日、「大惨事になりかねない事案があった」として、不発弾のような物を見つけても触らないよう、全家庭にチラシを配布した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

沖縄で小学生が不発弾を見つけた場所は?

沖縄で小学生が不発弾を見つけた場所は沖縄県宜野湾市の小学校近くの畑だったようです。

こちらが沖縄県宜野湾市の地図になります。

警察や学校によりますと、2人は不発弾を用水路の水で洗ったあと、投げたり自転車のかごに入れて運んだりしたということです。2人は不発弾を持って友人の家を訪れたところ、その保護者から警察に通報が入り自衛隊によって回収されました。自衛隊によりますと、不発弾は長さが11.5センチ、重さは640グラムの本物の手りゅう弾で、起爆装置にあたる信管は壊れていたということです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

現場の様子の動画や画像まとめ!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

以上が沖縄で小学生が不発弾を見つけた場所は?現場の様子の動画や画像まとめでした。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です