スポンサーリンク

向井正男の顔画像、Facebook特定!つまようじボウガンの調査

スポンサーリンク

T氏です。

元従業員に対し、弓矢のような玩具「つまようじボウガン」でつまようじ数十本を顔全体に突き刺したり、鼻の中にティッシュを詰めて火をつけたりする行為を繰り返したとして、同府泉大津市の焼き肉店経営、向井正男容疑者(42)ら3人を逮捕しました。

今回は逮捕された向井正男容疑者と他2名に関しての調査結果です。

スポンサーリンク

事件概要

元従業員に対し、弓矢のような玩具「つまようじボウガン」でつまようじ数十本を顔全体に突き刺したり、鼻の中にティッシュを詰めて火をつけたりする行為を繰り返したとして、大阪府警捜査1課が傷害などの容疑で、同府泉大津市の焼き肉店経営、向井正男容疑者(42)ら3人を逮捕したことが10日、分かった。向井容疑者は被害男性と「金銭トラブルがあった」と供述し、容疑を認めているという。

ほかに逮捕されたのは、同店店長の御園生(みそのお)裕貴容疑者(25)と、向井容疑者の妻で別の飲食店の従業員、岬容疑者(26)。

向井容疑者らの逮捕容疑は昨年7月、泉大津市の焼き肉店「焼肉ぎゅうぎゅう」で、当時従業員だった男性(35)の顔を角材で十数回殴打。同年10月には男性の両手首を針金で縛った上、針金の先端部に付けたティッシュや、鼻の中に入れたティッシュにそれぞれライターで火をつけ、やけどを負わせたとしている。

同課によると、向井容疑者らは「(男性が)店の金を使い込んだ」として、昨年7月ごろから、営業時間外の店内でリンチ行為に及ぶようになった。

向井容疑者らの携帯電話を解析した結果、男性の顔中につまようじが突き刺さった画像が見つかり、つまようじボウガン(全長10センチ、幅12センチ)を使って暴行を加えていたことが判明。府警が現物を押収して鑑定したところ、時速100キロ前後でつまようじが発射されていたことが分かった。向井容疑者らは「(つまようじボウガンは)ネットで購入した」としている。

他にも男性の尻や太ももに熱湯をかけて大やけどを負わせたなどとして、向井容疑者はすでに3件の暴行罪と1件の傷害罪で起訴されている。

被害者の家族が府警に相談したことを機に発覚した。男性はすでに店を退職しているという。

つまようじボウガンは手のひらサイズの玩具で、中国などで流行。目に刺されば失明の危険もあり、同国内でも規制を求める声が上がっている。

向井正男の顔画像、Facebookは?

出典:facebook

名前:向井正男(むかい まさお)

年齢:42歳

住所:大阪府泉大津市北豊中町

職業:焼肉ぎゅうぎゅう経営

今回逮捕されたのは向井正男容疑者とその妻である向井岬、御園生裕貴の3名となっています。

正男容疑者の画像は本人facebookで確認がとれましたが他2名に関しての画像などは現在、明らかになっておりません。

こちらが向井正男容疑者のFacebookとなります。

向井正男容疑者のFacebook

焼肉ぎゅうぎゅうの場所

「向井正男 顔画像」の画像検索結果

出典:https://jp.reuters.com

大阪府泉大津市にあったとされている焼肉ぎゅうぎゅう。

詳細な住所などを調べたところ泉大津市松之浜町2丁目3−10に存在していた事がわかりました。

ネット上であまり情報が得られなかったので詳細は分かりませんが、もしかしたら既に閉店しているのかもしれません。

つまようじボウガンとは

「つまようじボウガン」というのはこういうものになります。

「つまようじボウガン」の画像検索結果

つまようじボウガンは手のひらサイズの小さなボウガンで、主に中国で流行っているようです。

つまようじの射出速度は実に100kmに達し、人に打てば簡単に肉に刺さり、目に当たれば「失明」の恐れもある非常に危険な器具です。

あまりの危険さ、手軽さに中国でも使用禁止などの「規制」を求める声が上がっているそうです。

出典:You Tube

こちらの動画で破壊力の検証が行われています。

空き缶すら貫通するその威力を人に向けたらと考えると恐ろしいです。。。

まとめ

以上が向井正男容疑者と他2人に関しての調査結果です。

本当に恐ろしい事件です、引き続き事件を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です