スポンサーリンク

飯島健司と柴田正和の顔画像特定!会社評判も恐ろしいブラック企業だった?

スポンサーリンク

T氏です。

香取市内の山中に遺体を遺棄したとして、成田署は8日、死体損壊・遺棄の疑いで東京都内の土木建設会社社長の男ら2人を逮捕した。

遺体は行方不明になっている成田市の60代会社経営男性とみられ、2人が男性を殺害した殺人容疑も視野に同署に捜査本部を設置した。

今回は逮捕された飯島健司容疑者と柴田正和容疑者そして経営していた会社に関しての調査結果です。

スポンサーリンク

事件概要

香取市内の山中に遺体を遺棄したとして、成田署は8日、死体損壊・遺棄の疑いで東京都内の土木建設会社社長の男ら2人を逮捕した。遺体は行方不明になっている成田市の60代会社経営男性とみられ、2人が男性を殺害した殺人容疑も視野に同署に捜査本部を設置した。遺体の身元確認や、死亡し遺棄された経緯などを詳しく捜査する。

捜査本部によると、逮捕したのは東京都足立区東綾瀬3、飯島興業社長、飯島健司(76)と同区谷中5、同社専務、柴田正和(52)の両容疑者。逮捕容疑は、行方不明になっている成田市の男性とみられる遺体を損壊し、香取市内の山中に遺棄した疑い。

行方不明になった男性は、飯島容疑者に成田市山之作の資材置き場の整地作業を依頼しており、商取引を巡るトラブルがあったとみられる。

今月3日夜、男性の知人女性が、男性と連絡が取れなくなったことから同署に捜索願を提出。同署は何らかの事情を知っているとみて7日夜から飯島容疑者らを任意で聴取したところ、逮捕前に遺体を損壊し遺棄したことを認め、2人の供述通り8日未明、香取市内の山中から焼かれた人骨が見つかった。

知人女性は3日朝に男性と会っていた。遺体が損壊・遺棄されたのは同日から4日にかけてとみられる。遺体が見つかった場所は飯島容疑者が管理している土地だという。

引用元:千葉日報

飯島健司容疑者と柴田正和容疑者の顔画像は?

飯島健司容疑者と柴田正和容疑者の顔画像に関して調査して見たところ顔画像を見つける事ができました。

こちらが飯島健司容疑者の顔画像となります。

こちらが柴田正和容疑者の顔画像になります。

遺体が見つかった現場はいったいどのあたり?

遺体が見つかった場所は飯島容疑者が管理している土地だと言われています。

こちらが現場付近の画像です。

スポンサーリンク

飯島健司容疑者はどんな人物なのか

飯島健司容疑者についてわかっていることをまとめました。

名前:飯島健司
年齢:76歳
住所:東京都足立区東綾瀬3
職業:飯島興業社長

facebook等SNSを調べましたが、本人のアカウントと特定できるものが発見できていないので、わかり次第追記します。

柴田正和容疑者はどんな人物なのか

柴田正和容疑者についてわかっていることをまとめました。

名前:柴田正和
年齢:52歳
住所:東京都足立区谷中5
職業:飯島興業専務

facebook等SNSを調べましたが、本人のアカウントと特定できるものが発見できていないので、わかり次第追記します。

飯島興業について

飯島興業のホームページを見つけました。

飯島興業の会社概要がこちらです。

創業が1965年、飯島健司容疑者が現在76歳なので、

創業時には23歳。創業社長なのか、2代目なのか、微妙なところですね。

そして、社長挨拶も掲載されていました。

「お客様とのお付き合いを何よりも大切にしながら」と書かれていますが、
今回の事件では、

行方不明になった男性は、飯島容疑者に成田市山之作の資材置き場の整地作業を依頼しており、商取引を巡るトラブルがあったとみられる

とされています。

行方不明なった男性はおそらく遺体の男性であり、
飯島容疑者にとってはお客様のはず。
全くお客様のことを大切にしていませんね。

本社はこちらです。

地図で見るとここですね。

このビルです。

従業員数は事務職10名、技術職40名の合計50名と、

大きな会社ではないものの、しっかりとしたホームページもあり、

ホームページを見る限りでは悪い印象はありませんでした。

しかし、会社の社長と専務による今回の事件。

商取引を巡るトラブルがあったとみられているということですが、

どんなトラブルがあったのか、他の従業員は関与していなかったのかが気になります。

会社の評判は?

会社の評判に関して調べてみたところ結構怖そうな会社ですよね。

このようなコメントが見つかっております。

上位者の個人性が組織人事面に大きく反映される。創業から関わった上位者が多いのが特徴。役職者の若返りが進む傾向にあるが、上位者の意見に同調できる若しくは逆らわない事が条件。すなわち、新しい取り組みや企画提案等は、上位者の個人主観に合わせなければならない事が多い体質。また、飲み会、ゴルフなどは強要される場合が多く、私生活と会社組織が混同する場面は多々ある。不参加が続くと人事評価に大きく影響が出る。部署によっては真逆で、私生活と会社は一切関わりを持たない部署もある。

まとめ

以上が逮捕された飯島健司容疑者と柴田正和容疑者と会社に関しての調査結果です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です