スポンサーリンク

ヤマシロ・メスタンザ・ホゼン・ビクトルの顔画像・Facebook特定!?犯行の現場は一体どこ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

群馬県大泉町でペルー人の男性がバールのようなもので殴られ、けがをしました。襲ったのは知人のペルー人の男とみられ、凶器を持って逃走しています。

まだ逮捕されてないので恐ろしいですよね。群馬県大泉町の皆様ご注意ください!

現在わかってる犯人についての調査です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件概要

群馬県大泉町でペルー人の男性がバールのようなもので殴られ、けがをしました。襲ったのは知人のペルー人の男とみられ、凶器を持って逃走しています。

警察によりますと、24日午後4時すぎ、大泉町東小泉で「外国人の男がバールを持って殴っている」と目撃者から110番通報がありました。警察が現場に駆け付けると、40代のペルー人の男性が殴られ、頭から血を流していて、病院に搬送されました。

襲ったのは知人のペルー人の男とみられ、バールのような凶器を持ったまま逃走しました。警察は男の行方を追うとともに、2人の間で何らかのトラブルがあったとみて調べています。また、防災無線などで周辺の住民に注意を呼び掛けています。

逃走中犯人の顔や特徴など詳細

警察によりますと、男性は知り合いと見られるペルー人の30代くらいの男が自宅を訪ねてきたため、ドアを開けたところ、バールのようなもので殴られたということです。

男性を殴った男は、身長1メートル60センチほど、上下ともに黒っぽい服装で、現在も凶器を持ったまま逃走していて、警察は殺人未遂の疑いで捜査しています。

名前:不明
年齢:30代くらい
身長:160cmほど
服装:上下ともに黒っぽい服装

160cmということで、どうやら小柄の男性のようです。

犯人の顔の人相など、続報が出次第追記していきます。

ペルー人とのことなので、ホリが深い印象ですね。

犯行現場の場所

犯行現場は群馬県大泉町東小泉の路上です。

報道で公開された現場写真はこちら。

この場所が分かる地元の方はお気をつけください。

凶器のバールもって逃走中

犯人はバールをもって逃走中とのこと。頭や足に怪我をしていたという被害者。

バールはこういうものですね。

バールは先端が尖っており、小さくとも思い切り振りかぶれば小柄の犯人でも殺傷能力の高い凶器といえます。

また、凶器も小さいためカバンなどに隠し持ち運びしやすいのではないでしょうか。

被害者と犯人の関係や動機は…

日本に住むペルー人の2人の間に何があったのでしょうか。

他国に住む同胞は絆が強いものなのではないかと思われます。

報道の書き方では、「知り合いとみられる男性」とありました。

そう深く関わっていない知り合い同士ということでしょうか。。

被害者のペルー人男性に意識はあるようなので、こちらについては真相がわかり次第追記していきたいと思います。

 

まとめ

以上が群馬県大泉町でペルー人の男性がバールのようなもので殴られ、けがをした事件に関してに関しての調査です。

襲った知人のペルー人の男に関してわかってることも調査してみました。

皆さんお気をつけください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です