スポンサーリンク

西武信用金庫の強盗犯は誰?犯行現場の支店が判明!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

16日朝、東京・杉並区の信用金庫に男が押し入り、バールのようなもので支店長の男性を殴り、現金およそ1100万円を奪って逃走しました。

犯人がまだ捕まっていないようで近隣住人は恐ろしいですね。

現在わかってる事件と犯人の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件概要

16日朝、東京・杉並区の信用金庫に男が押し入り、バールのようなもので支店長の男性を殴り、現金およそ1100万円を奪って逃走しました。

午前8時ごろ、杉並区の「西武信用金庫・西荻窪支店」に男が押し入り、バールのようなもので支店長の男性(50)の頭などを殴り、現金およそ1100万円を奪って逃走しました。

信用金庫によりますと、支店長の男性は出勤した際に突然襲われ、その後、地下の金庫室に閉じ込められているのを別の職員に発見されたということです。男性は頭などにけがをしています。

男は年齢30代から40代ぐらい、身長175センチから180センチほどで白色の作業用ヘルメットをかぶっていて、警視庁が強盗事件として、行方を追っています。

犯行現場の場所

今回の事件現場ですが、報道の情報では「西武信用金庫 西荻窪支店」と公開されており、こちらの映像が映っていました。

出典:NNN

この情報を元に現場の特定をしてみると、以下の場所がヒットしました。

犯人の顔や特徴など詳細

この事件の犯人の特徴ですが・・・

男は30歳から40歳くらい、身長は175センチから180センチくらいで、白い作業用ヘルメットにベージュの作業服姿だったという。

出典:NNN

との情報が公開れています。

名前:不明

年齢:30代〜40代

身長:175センチから180センチくらい

服装:白い作業用ヘルメットにベージュの作業服姿

犯人の顔画像などの情報は現時点では公開されていない状態です。

防犯カメラの映像の有無が気になるところですが、犯人の顔画像などは映っていなかったのでしょうか?

こちらについては新しい情報がわかり次第追記いたします。

まとめ

以上が西武信用金庫・西荻窪支店で起きた強盗についての調査結果でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です