中島翔哉の落選理由はポリバレント性!サッカー五輪の10番はワールドカップ落選する!

T氏です。

日本サッカー協会が18日、都内で会見を開き、ワールドカップ・ロシア大会壮行試合ガーナ戦(30日・日産ス)の日本代表メンバー27人を発表しました。

そこでサプライズの落選がありましたね、そうです中島翔哉選手の落選です。

その理由がちょっとサッカーをしない人には理解がしにくい内容だったと思います。

ポリバレント性と西野朗監督が言っていますね。

そもそもポリバレント性って何ですか?でも実は今回の落選はすでに予定されていたものと言われています。

サッカー五輪の10番といえば謎が解けるのでしょうか。

恐らく何を言ってるのかわからない人が沢山のいらっしゃると思うので説明させて頂きます。

スポンサーリンク

ニュースの内容

日本サッカー協会が18日、都内で会見を開き、ワールドカップ・ロシア大会壮行試合ガーナ戦(30日・日産ス)の日本代表メンバー27人を発表した。

西野朗監督(63)は、代表デビュー戦となった3月23日のマリ戦で途中出場ながらゴールを決めて評価を上げた、中島翔哉(23=ポルティモネンセ)の落選理由について「ここ(選考リスト)に載っている選手たちが成果を出している、出しやすいポジションで、膨らむ中でのバランスの中で選出はしませんでした」と説明した。

中島は移籍1年目の今季、ポルトガルリーグでリーグ戦10得点を記録した。ただ西野監督は「中島に関しても1年、ポルトガルで結果を出した。ただ、ポリバレント…同じポジション、多少、違うポジションも追跡して見ましたけど…」と、多数のポジションが出来る能力の部分で劣る面があったと指摘した。

西野監督は会見の中で、FWを4人しか選出しなかったことについて聞かれた際「スタートのポジションにメンバーを置いていない。GK以外はポジションは外して欲しい」と強調。

その上で「前線をやれる選手は、FWだけじゃなくシャドーMF的、サイドに入る可能性もある。MFでも1、2、3トップで起用の可能性もある。ポリバレントにこなす選手がたくさんいる。柔軟に対応していく力、戦術、戦略的なものも持って欲しい。オプションも考え、選手に伝えたい」と説明。

厳しいワールドカップの戦いをしていく中で、柔軟な戦いをしていく上でも、多数のポジションが出来る、ポリバレントな選手の重要性を重ねて口にした。

中島翔哉のプロフィール

名前中島翔哉
生年月日1994年8月23日(23歳)
出身地東京都八王子市
職業サッカー選手
Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/中島翔哉

東京ヴェルディ、カターレ富山、FC東京、そしてポルトガルのポルティモネンセと、行く先々のチームで輝かしい功績を残してきた中島翔哉さん。

その活躍ぶりから、生まれ故郷の東京都八王子市では、市制100周年の100年応援団団員に任命されるなど、サッカー以外の場所でも評価を受けています。

自身の誕生日が8月23日であることから、数字の「23」が好きだという中島翔哉さん。 39番だった背番号を、2017年より23番へ変更し、ポルトガルのポルティモネンセでも同番号を着用しています。

ポリバレント性って何?

ポリバレント性とは、科学において「多価」を意味する「ポリバレント」から来ている言葉。
2007年に日本代表監督を務めたイビチャ・オシム監督が「多くのポジションをこなせる選手」という意味で使用したことから定番化した言葉です。

サッカー五輪の10番はワールドカップ落選する?

過去のサッカー五輪の10番はワールドカップ落選しているんです。

こちらが落選した10番の選手達になります。

96年五輪
10番:遠藤彰弘
→98年W杯落選

00年五輪
10番:中村俊輔
→02年W杯落選

04年五輪
10番:松井大輔
→06年W杯落選

08年五輪
10番:梶山陽平
→10年W杯落選

12年五輪
10番:東慶悟
→14年W杯落選

16年五輪
10番:中島翔哉
→18年W杯落選

ここまでくると偶然だと思えないですね。

もうこうなると五輪では10番を背負いたく無いという人もいるんじゃ無いんでしょうかね。

そう言えば東京オリンピックのエース候補の堂安律選手や日本サッカー界の希望の星の久保建英選手も10番つけてなかったですね。

なんかだんだん何かアディダス枠と言われていた10番枠には違った恐ろしさがあるのかもしれないですね。

まとめ

以上が中島翔哉選手の落選理由のポリバレント性と五輪での10番の落選ジンクスについての調査結果でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。