スポンサーリンク

大嶺翔太(ロッテ)の引退理由の金銭トラブルは何?嫁と離婚で子供や今後はどうなる?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

ロッテは22日、大嶺翔太さん(26)が任意引退の申し入れがあり、受理したと発表されました。

2年半前から複数の金融機関と借り入れのトラブルがあり、球団から再三、指導、注意を受けたが、解決することができずに本人が責任を取った。

今回は大嶺翔太さんの引退理由の金銭トラブルは一体なんなのか?そして嫁と離婚で子供や今後はどうなるのか調べて見ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大嶺翔太の経歴

名前大嶺翔太(おおみね しょうた)
生年月日1991年9月17日
年齢26歳
身長180cm
体重78kg
投打右投右打
ポジション無い車種
プロ入り2009年ドラフト3位
初出場2014年8月1日
出身校沖縄県立八重山商工高等学校

大嶺翔太さんは、小学校2年生の時に野球を始め、当初は内野を務めていましたが、6年生の頃から内野手と投手を兼任していました。

中学3年生の時の球速は軟式ながら球速は140キロに到達し、既に頭角を現していたようですね。

高校でも投手と内野手を兼任していましたが、プロ入りは内野手としてです。

2017年は91試合に出場しており、これまでで一番試合に出場した年でもありました。

 

スポンサーリンク
 

金銭トラブルは一体何?

大嶺翔太さんが引退するにあたり、このようなコメントをしています。

以下全文となります。

今回、自分のプライベートな部分で色々な方にお金を借りて返せないという金銭トラブルが発生し、多くの方にご迷惑をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。

こんな自分を応援していただいたファンの皆様、そして期待をかけていただいた井口監督、再三、注意と指導をしてくださった球団の皆様の思いを裏切る形となってしまい、大変申し訳ありません。

すべては自分のプロ野球選手としての自覚のなさから出たものだと思います。これを受けて、今、自分にできることは環境を変え、気持ちを入れ直すことだと決断をしました。

今回、自分の考えを尊重していただいた球団には感謝をしています。

ご迷惑をおかけした皆様には重ねて、お詫び申し上げます。新しい環境で一から出直し、少しでも頑張っている姿をお見せしたいと思います。本当にご迷惑をおかけしました。そして応援いただき、ありがとうございました。

詳しいことは語られていませんが、プライベートな部分で色々な方にお金を借りて返せないという金銭トラブルが発生し、多くの方に迷惑を掛けたと語っています。

推測でしかありませんが、借りてはいけないところから借りてしまったのではないでしょうか?

Twitterをはじめ、ネット上でも憶測が流れており、闇金から借金したのでは?と噂されています。

今回の報道を見たとき、反社会的勢力の人から借りているのでは?と思っちゃいました。

法外な利息を請求されて、返せなくなってしまったのではと言われています。

大嶺翔太さんはプロ野球選手になる前から素行不良でした。

大嶺翔太さんは、2009年ドラフト会議で、ロッテからドラフト3位で入団しました。(契約金4000万円、年俸600万円)

しかし、既に入団が決まっていた同年末、飲酒と喫煙していたところを補導されているんです。

これにより、2週間の停学処分になりました。

 

スポンサーリンク
 

 

嫁と離婚で子供はどうなる?

大嶺翔太さんは2013年8月に一般女性の人と結婚しており、すでに娘さんもいるようです。

しかし、今回のことでプロ野球選手としても終わりですし、『金銭トラブル』で多額の借金を抱えていることからも「離婚」の説が流れています。

実際のところはまだ特に離婚したという情報は出ていませんでした。

大嶺翔太選手は結婚について

苦しかった時はいつも励ましてくれた

と語っていたそうです。

今回も大変苦しい時期だとは思いますが、どうか二人で力を合わせて未来を切り開いていって欲しいですね。

今後は何するの?

大嶺翔太さん環境を変えたいといった理由から『現役を引退する』という決断に至ったようなので。

引退後は普通に生活をして行くんじゃないないかと思われます。

最初はやばいところに連れて行かれたり、マグロ漁とかに行かされてしまうんじゃないのかなって思っていましたが。

ちょっと安心しました、漫画のちょっと読みすぎですね。

スポンサーリンク

年俸推移は?

大嶺翔太さんの年俸推移はこちらです。

2010年→600万円

2011年→570万円

2012年→570万円

2013年→550万円

2014年→530万円

2015年→620万円

2016年→700万円

2017年→950万円

2018年→1000万円

過去に他のロッテのプロ野球選手も逮捕されていた?

小川博さんという元ロッテの選手のプロ野球選手が逮捕されていますね。

球界を離れてからは、産業廃棄物処理会社に就職、営業部長を務めていたが、2004年11月18日に上尾市の会社会長宅で強盗殺人を起こし逮捕された。

その際、小川が現役中に離婚した先妻への慰謝料などにより、消費者金融へ約1000万円の借金を抱えており、再就職後の2003年4月に自己破産していたことも明らかになった。

同年10月、再婚した妻と2人の子どもとさいたま市の賃貸マンションに引っ越したが、ヤミ金融数社から借金していたことも発覚した。

2005年1月11日に起訴された。同年2月28日の初公判では、起訴事実を概ね認めたが、犯行の計画性については否認した。

同年9月にさいたま地方裁判所で行われた一審判決では、弁護側が主張する計画性の薄い事後強盗殺人罪にあたるという主張は認定されたが、求刑どおり無期懲役判決が言い渡され、控訴後の2審では2006年2月23日、東京高裁で無期懲役判決が出たが上告せずに刑が確定し服役している。

スポンサーリンク

まとめ

以上が大嶺翔太(ロッテ)の引退理由の金銭トラブルは一体なんなのか、そして嫁と離婚で子供や今後はどうなるのか調べて見た結果でした。

将来を期待されていた選手であった事は間違い無いので本当に残念な結果でしたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です