スポンサーリンク

川島永嗣の炎上したwikiのおもしろ書き換えをまとめてみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

昨日の夜中は本当に興奮しましたね、ある人のプレーにはちょっとびっくりしてしまいましたが。

その興奮した話というのはサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグH組で、日本はセネガルと2-2で引き分けた試合です。

その試合でパンチングミスでセネガルに先制点を許したGK川島永嗣さんについて、国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトでは、「コメディーのようなミス」と酷評されていました。

そのプレーによって川島永嗣さんのWikipediaがやばい炎上を起こしてしまったんです。

【ワールドカップ2018】海外から日本戦のライブ中継を日本語で無料視聴する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

書き換えが行われる経緯となったプレー

書き換えが行われる経緯となったプレー何ですが事件が起きたのは前半の11分でした。

その時に何が起きたかというと、原口元気選手が右サイドから放り込まれたクロスの対応を誤り、左サイドのユスフ・サバリにフリーでボールを渡してしまう。

サバリが強烈なシュートを放つと、川島が痛恨のパンチングミス。

詰めていたサディオ・マネに当たって先制点を献上してしまいました。

ちょっと言葉だと分かりずらいですよね、そのプレーはこちらになります。

これが結果的に、相手FWへの「ナイスアシスト」となってしまった。

ちなみに川島永嗣さんの理想はこういうプレーだったみたいです。

しかし現実はこうです。

こうした不用意なプレーが、一部ネットユーザーの怒りに火を点けたようです。

どこに本当にパンチングをしているだ!って話で終わらないのがネットです。

スポンサーリンク

どんな書換があったか?

どんな書換があったかと言いますとまず最初の書換があったのは日本の知ってんの後です。

日本がセネガルに先制点を喫したのは、2018年6月25日0時10分頃(日本時間)のこと。

川島永嗣さんのWikipediaページではその約10分後、冒頭のプロフィール紹介の記述の中に、

「セネガル代表」

との一文が付け足された。

これを合図に川島永嗣さんのWikipediaページは書換が行われました。

書換は正しい情報に書換る人じゃなくいわゆる「荒らし」目的のユーザーが殺到。

パンチングのミスを揶揄しているのか、名前が「パンチャー川島」「ロケットパンチ川島」となったり、肩書が「ボクシング選手」「プロボクサー」と書き換えられたりする事態となった。

中には善意のユーザーが正しい内容に「修正」を加える場面もあったが、秒単位のペースで行われる「荒らし」は止められず。

川島永嗣さんのプレーから約30分後には、もともとあった来歴や人物像の紹介文の大部分が書き換えられ、

「パンチングによるゴール献上を得意としている」
「(経歴欄で)2018年 マネにアシストを記録する」
「ポジションはゴールライン後ろ」

など、揶揄や中傷の言葉ばかりが並ぶ状況になった。

結果として、Wikipediaの管理者は1時10分頃に「度重なる荒らし」被害に遭っているとして、川島永嗣さんのページを保護状態に変更しました。

不適切な書き込みが相次ぐ前の状態に差し戻した上で、一般ユーザーには内容が書き換えられないように制限しました、今現在も制限状態は続いています。

さらにびっくりするのが日本が先制点を喫してからページが保護されるまでの約1時間で、川島永嗣さんのWikipediaは200回以上も書き換えられていた。

つまりは、日本対セネガル戦のウラで、それだけ激しい「編集合戦」が行われていたようです。

こちらはこちらで絶対に負けられない戦いがあった訳ですね。

こうした騒動について、ツイッターやネット掲示板では、

「さすがにやり過ぎでは…」
「wiki書き換えてバカにしたりってのはマジで胸糞悪い」
「あのミスは責められて当然だと思うが、こういうのは不快なだけ」

などと「荒らし」の行動を批判するユーザーも目立っている。

スポンサーリンク

実際にどんな内容だったか?

実際にどんな内容があったのか調べてみたのでこちらを見てください。

https://twitter.com/Pikke2525/status/1010916273729953793

https://twitter.com/oreniwa_sasuke/status/1010920761190592512

https://twitter.com/reus_11_/status/1010914899780775936

まとめ

以上が川島永嗣さんの炎上したwikiのおもしろ書き換えをまとめてみた結果でした。

本当にやばいです、けど日本のサポーターは優しいですよね、Wikipediaをいじってくれるだけで済んで。

それだけ川島永嗣さんの事をみんな見ているという事ですよね。

ゴールキーパーは一つのミスがこうやって顕著に出てしまうので本当に大変な役割ですよね。

3試合目はしっかりと頑張ってください!あっいつもしっかり頑張ってるんですけど。

こういう風に目立つんじゃなくいい事をして目立ってください!

【ワールドカップ】日本代表のオフサイドトラップの元ネタのキャプテン翼を無料で見る方法

【ワールドカップ2018】海外から日本戦のライブ中継を日本語で無料視聴する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です