スポンサーリンク

川島それはないっての語源となった川島永嗣のパンチングプレー集とネットの反応をまとめてみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

ワールドカップの日本の快進撃の中、基本的に全員評価が良いのですが一人厳しい意見を浴びさせられWikipediaまで炎上してしまってる川島永嗣さん。

川島永嗣の炎上したwikiのおもしろ書き換えをまとめてみた!

第1戦のコロンビア戦では、コロンビア代表・キンテロが直接FKで放ったグラウンダーのシュートに飛びつくも、捕球しきれずゴールを許してしまった川島永嗣さん。

セネガル戦でも、パンチングしたボールが目の前にいたセネガル代表・マネに当たり、そのままゴールラインを割ってしまった。

2試合連続で致命的なミスを犯し、ゴールを決められた川島永嗣さん。

ツイッター上では新たな言葉が誕生してしまっています。

ワールドカップが始まってからまた話題になっている

「大迫半端ないって」

の対義語として

「川島それはないって」

と皆がツイッターでつぶやいています。

今回は川島それはないっての語源となった川島永嗣のパンチングプレー集とネットの反応をまとめてみました。

【ワールドカップ2018】海外から日本戦のライブ中継を日本語で無料視聴する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セネガル戦後のTwitter上で誕生した?

セネガル戦では、パンチングしたボールが目の前にいたセネガル代表・マネに当たり、そのままゴールラインを割ってしまった。

それについてツイッター上では

“セネガル戦やれてないのは川島だけ”
“川島の全てが恐ろしいな!”
“川島が不安杉”

などと、不安定なプレーに対して、かなり厳しい意見が寄せられている。

そして誰が言い出したかわかりませんが。

「大迫ハンパないって」

の対義語として

「川島それはないって」

という言葉が登場。

“大迫半端ないって の対義語が 川島それはないって はさすがに草”
“川島それはないってっていう語呂面白すぎる”
“「大迫半端ないって」の対義語「川島それはない」ってのクッソ笑ったわwwwwwwww”

と、その語呂の良さを気に入るネットユーザーが続出している。

すでに今年の流行語大賞の候補との呼び声高い「大迫ハンパないって」だが、まさかの対抗馬として「川島それはないって」も無視できないものとなったようです、しかし次のポーランド戦では「川島それはないって」は許せない展開なので、「川島ハンパないって」と言ってしまうくらいの活躍を期待したいものだ。

スポンサーリンク

語源となった川島永嗣のパンチングプレー集は?

語源となった川島永嗣さんのパンチングプレー集は本当は一つではないんですが、おそらくこちらのパンチングがネットユーザーの逆鱗に触れてしまったのでしょう。

GIF画像もあるのでこちらを見てください。

パンチングしたボールが目の前にいたセネガル代表・マネに当たり、そのままゴールラインを割ってしまった。

うーん、「川島それはないって」本当に。。。

他の記事でも書きましたがきっと理想は。

だったんだと思うんですけど。

川島永嗣の炎上したwikiのおもしろ書き換えをまとめてみた!

そりゃー原口元気選手もこんな顔しますわ。

原口元気選手も昔は気性が荒い時期があったのでよく我慢しましたね。

失点の後悔しがってますが、本当周りのみんなは何してるんだって思ったはずですよ。

それ以外にも2018年ワールドカップ初戦のコロンビア戦でも、フリーキックが明らかに入ってないのに入ってないアピールしていた川島永嗣さん。

入ってないと必死にアピールする川島永嗣さん。

いやいやいやいや「川島それはないって」

今大会初めて導入されたゴールラインテクノロジーをだまそうとしていたんですね。

こんなに入っているのにも関わらず。。。

ちなみにゴールラインテクノロジーで見るとこれだけ入っています。

マジ「川島それはないって」

本人は試合後に

「壁の下を越えた瞬間、かなり厳しいなと思いながら、どうにかできるかと思ったが、難しかった」

と語っていましたが、そして壁は飛ばないという約束事があったとの事ですが実際はどうだったのでしょうね。

まあどのみち「川島それはないって」

スポンサーリンク

過去の「川島それはないって」パンチングプレー集は?

今はワールドカップの事が注目されていてこの過去の2試合のプレーしかスポットライトを浴びていませんが川島永嗣さんといったらほかにも伝説のプレーがありますよ。

そうですあれは2010年サウスアフリカで行われたワールドカップの二試合目。

日本対オランダの後半戦です。

ボールがぶれたと本人は言い訳していましたが、マジ「川島それはないって」

それ以外にアジアカップのシリア戦

こちらはオフサイドっぽく見えたんですけど結局判定はファールだった為こちらもマジ「川島それはないって」に認定したいと思います。

後はワールドカップ直前のスイスとの強化試合です何を血迷ったのか相手選手にスローイングしています。

「川島それはないって」って思ったはずですよみんな。

ネットの反応をまとめてみた!

「川島それはないって」のネット上の反応をまとめてみました。

https://twitter.com/Respons_ibu/status/1011223467683745792

https://twitter.com/onboroboro/status/1010915268489404416

やっぱり本当に「川島それはないって」って事ですね。

スポンサーリンク

川島それはないってのランキングをつけてみた

現在ノミネートされている5個の「川島それはないって」のランキングをつけるとしたら。

5位 シリア戦のタックルで退場
4位 スイス戦のスローイング
3位 オランダ戦のパンチング
2位 コロンビア戦のフリーキックからゴールラインテクノロジーをだまそうとした
1位 セネガル戦のマネへのパンチング

という感じにやっぱり最近のが一番インパクトがありますよね。

まとめ

以上が川島それはないっての語源となった川島永嗣のパンチングプレー集とネットの反応をまとめてみました。

なんか他にもすごいプレーがあった気がするんですけど誰かご存知の方がいたらお教えください。

【ワールドカップ2018】海外から日本戦のライブ中継を日本語で無料視聴する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です