スポンサーリンク

片桐政男の勤務場所の埼玉県北本市のラーメン店の名前は?口コミや慰謝料についても調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

埼玉県北本市のラーメン店で、当時29歳の男性社員が過労死した問題です。

亡くなった片桐政男さんは新入社員で働き盛りの年齢ながら、過酷な深夜業務が続いた末、尊い命を落としました。

さいたま労働基準監督署が認定した直近1カ月の総労働時間は約257時間、残業は約89時間。

しかし、遺族によると、タイムカードに残らない隠れ残業や隠れ出勤をしていた可能性があり、片桐さんは「仕事を辞めたい」と話していたという。

今回は片桐政男さんの勤務場所の埼玉県北本市のラーメン店の名前は?そして口コミや慰謝料についても調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件概要

埼玉県北本市のラーメン店に勤務していた新入社員の男性=当時(29)=が2011年9月に急性心不全で死亡したのは、長時間労働による過労死だったとして、さいたま労働基準監督署が労災認定していたことが、4日までに分かった。

男性は入社から約半年、正社員登用されてから3カ月で死亡した。

直近1カ月の総労働時間は約257時間で、深夜労働による残業は約89時間、休日は1日しかなかった。

遺族や代理人の佐渡島啓弁護士(埼玉弁護士会)によると、亡くなったのは北本市に住んでいた片桐政男さん。松富士食品(東京都)が同市内で営業しているラーメン店「ドン―キタモト」に勤めていた。

片桐さんは11年3月に契約社員として入社し、7月に正社員採用。主に調理業務に従事していた。

長時間労働が続いた同年9月30日未明、深夜に帰宅した後、急性心不全により死亡した。

労基署の調査結果によると、片桐さんの死亡まで直近1カ月(8月31日~9月29日)の総労働時間は約257時間で、残業は約89時間。

午後4時ごろから翌午前2、3時ごろまでの深夜業務がほぼ毎日続き、休日は9月12日のみだった。前月の総労働時間は約232時間、残業は72時間だった。

同店には従業員が10人ほどいたものの、常時いる正社員は1~2人で、片桐さんは新入社員にもかかわらず売上金の管理など責任のある仕事を任されていたという。

遺族は13年6月、死亡は長時間労働によるものとして、労働者災害補償保険法に基づき、さいたま労基署に労災と遺族補償年金を申請。15年3月、労災と認定され、支給が決定した。

しかし、労働時間の認定や支給額の算定方法に重大な誤りがあるとして審査請求。2度にわたって棄却されたため、昨年1月、支給決定処分の取り消しなどを求めて、東京地裁に提訴している。

代理人の佐渡島弁護士は「若い社員が頑張りすぎて、誰もブレーキをかけられず放置された。深夜のシフトは過酷であり、売上金の管理など相当の責任も持たされていた」と指摘。

「指導する側はしっかりと休ませたり、昼夜に適切なシフトを入れる必要がある。社員を育てるためというなら節度を持ち、どういう働かせ方がいいか考えてほしい」と話した。

松富士食品は「担当者が不在で答えられない」としている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

片桐政男の顔画像・Facebookは?

  • 名前:片桐政男さん
  • 年齢:29歳(当時)
  • 職業:ラーメン店正社員
  • 住所:埼玉県北本市

同店で主に調理業務をしていたそうです。片桐さんは2011年3月に北本市のラーメン店に契約社員として入社し、

同年7月に正社員として採用されたとのこと。

兄の英夫さん(39)によると、片桐さんは遅番が始まる数時間前に出社し、

開始時間の直前にタイムカードを切って深夜1時ごろに退勤時間としていたが、その後も仕事をしていたという。

英夫さんは「家に帰ってくるのは午前3時すぎだった」と振り返る。

母親によると、亡くなる1カ月前に、「来月も休みが取れないと言われたので仕事を辞めたい」と話していたという。

長時間労働が続いた同年9月30日未明、深夜に帰宅した後、急性心不全により亡くなられました。

本当にそんな忙しくて過労死するまで働くなんて本当にありえないです。。。

我慢をするのが美徳と思われる日本の社会の悪い所がでてしまいましたね。

こんなになってしまうならやめればいいのにと思いますが、責任感が強い性格だったのでしょう。

しっかりと最後まで働かないという武士道精神が宿っていたんでしょう。

スポンサーリンク

片桐さんが働いていたラーメン店は?

そして、片桐政男さんが勤めていたラーメン屋の名前ですが違うニュースを見たら見つける事が出来ました。

ラーメン屋の名前はドンキタモトという名前です。

公開されている情報からしてもこちらの店で間違いはなさそうです。

ドン-キタモト北本店(松富士食品)

ドンキタモトのラーメン店の口コミは?

片桐政男さんが働いていた、ドンキタモトですが

食べログを見ると、星3.5でした、星が高いからおいしいのかっていうのはちょっとあれですけど。

少なくとも低いよりはおいしいでしょうねちなみに、二郎系のラーメンが食べれるそうですよ。

他のコメントがいかになります。

他にどんな口コミがあるのか調べてみたのですがそんな悪いうわさはなかったです。

本当にただ単にこの店が忙しかっただけなんでしょうかね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

慰謝料はどうなる?

今回、労働基準監督署(労基署)が労災認定の決め手としたのは、店側に残されたタイムカードの記録だったそうです。

そのタイムカードの記録によると、片桐さんの直近1カ月の総労働時間は約257時間だったようです。

深夜労働による残業は約89時間にもなり、休日は1日しかなかったそうです。

まだ慰謝料はどのくらいになるのかはっきりとわかっていませんが、過去の事例を調べてみました。

過重労働からうつ病になり過労死

被告:派遣会社  原告:派遣社員遺族  賠償額:1億円

派遣社員Aは深夜交代制勤務がある過酷な労働環境で過重労働が続き、うつ病を発症して自殺に至った。遺族が賠償責任の請求を起こす。東京高等裁では過労死と認め、企業に対して約1億円の賠償金支払いを命じた。

ワタミ・・・1億3,000万円

居酒屋「和民」で知られるワタミ株式会社は、「和民」で入社2か月の女性正社員が過労自殺した事件について、1億3,000万円もの和解金を支払っています。

西日本旅客鉄道・・・約1億円

社員が過労自殺したとして、遺族が西日本旅客鉄道(JR西日本)を相手に裁判をおこし、裁判所はJR西日本に対して約1億円の支払いを命じました。

自殺した男性は遺族や上司から「真面目で礼儀正しくやさしい人」「仕事に一生懸命。人の悪口は一切いわない」と評価されており、会社から将来を期待されていたそうです。

過去の事例を見てみるとやはり億は言ってるみたいです。今回も同じように億の和解金になるのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

以上が片桐政男さんの勤務場所の埼玉県北本市のラーメン店の名前は?そして口コミや慰謝料についても調査結果でした。

慰謝料を沢山せめてもらえたらいいのにと思いますが、亡くなってしまった人は帰ってこないので、

たくさんのお金をもらう事が出来てもただむなしさだけが残ってしまうんじゃないかと思います。

しかし今回の片桐政男さんのような人をこれ以上増やさないためにも絶対に勝ってほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です