スポンサーリンク

多摩建築現場の火災の建築会社の安藤ハザマの評判は?火元や火事の場所を動画や画像で解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

警視庁によりますと、東京・多摩市の建設中のビルで起きた火災で、
心肺停止になっていた男性2人が死亡したということです。
この火災で亡くなったのは4人になりました。

多摩建築現場の火災の吸ったら死ぬ黄色い煙は何?ウレタンが原因なのか画像と動画を調査!

今回は多摩建築現場の火災の建築会社の安藤ハザマの評判は?
そして火元や火事の場所を動画や画像で解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

多摩建築現場の火災

東京消防庁が70台余りの消防車両を出して
消火活動にあたっていますが、地上3階・地下3階の建物のうち
およそ1500平方メートルが焼けました。

多摩建築現場の火災の吸ったら死ぬ黄色い煙は何?ウレタンが原因なのか画像と動画を調査!

東京消防庁によりますと、
これまでに工事関係者など18人がけがをしていて、
このうち15人が重傷です。また、
複数の人が意識不明の重体だということです。

さらに、逃げ遅れて建物に取り残されている人が
いるという情報があり、東京消防庁や警視庁が確認を進めています。

スポンサーリンク

多摩建築現場の火災の建築会社の安藤ハザマの評判は?

株式会社安藤・間は、東京都港区に本社をおく大手建設会社である。

元企業は中堅ゼネコンのJRA中山競馬場スタンド等を施工した
建築に強みを持つ安藤建設と、黒部ダムや青函トンネルなど
国家プロジェクトの重要工区を手がけた「土木の名門」こと間組。

評判について色々とネットにはありましたので。

良いのももちろんありましたが悪いのもあります。

その中で何個かきになるのを載っけたいと思います。

正当な評価をしない会社でやりがいがない。年功序列というよりも、現在の上司に常にゴマが擦れる人間が認められ、そうでない人は全く評価をされない。

大きなプロジェクトは、技術的にも工程的にも困難がともなうが、過去の経験と現状の機動力、迅速な組織行動により、様々な分野で社会の要求を完遂している。他産業ではあまり行わない、契約前の初動アクションはこれらの要因であろう。

残業時間を減らす動きがあり、残業代が以前より無くなり、その部分がボーナスと反対になったのでボーナスの金額が低くなると年収が下がるのか不安

総合的に見たら良い会社なのかもしれないですが。

今回の火災は大変ですね。。

スポンサーリンク

元や火事の場所を動画や画像で解説!

工事を請け負っている安藤ハザマ首都圏建築支店によりますと、
火災が起きた建物は鉄骨造りの地上3階・地下3階建ての「事務所ビル」で、
建築面積は5361平方メートルだということです。

現場は小田急電鉄・多摩線の唐木田駅から1キロ余り離れた住宅街です。

現場にいた作業員らがバーナーで鉄骨を切断していたところ、
火花が飛び散り、周囲に引火したということです。

現場にいた作業員が消火活動を行ったものの火の回りが早く燃え広がったということです。

業務上過失致死傷の疑いもあるとみて詳しい状況を調べています。

専門家によると火災の様子を捉えた映像では黒っぽい煙が噴火のように
勢いよく立ち上っていたので普通のビル火災ではないと思っ多様です。

煙の色から、ウレタンなど樹脂製のものが燃えた可能性があるようです。
ウレタンが燃え出すと非常に早い勢いで火災も広がり煙も広がるようで
大量の煙が発生したと思うわれるようです。

多摩建築現場の火災の吸ったら死ぬ黄色い煙は何?ウレタンが原因なのか画像と動画を調査!

断熱材の中には樹脂製の非常に燃えやすいものがあり、
壁に貼りつける前にたくさん積み上げていたものに
建設作業の火花などが引火した可能性があるとの事です。

こちらが現場の地図です。

火災の画像

スポンサーリンク
スポンサーリンク

火災の動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上が多摩建築現場の火災の建築会社の安藤ハザマの評判は?
そして火元や火事の場所を動画や画像で解説!

続き

関連記事:

多摩建築現場の火災の吸ったら死ぬ黄色い煙は何?ウレタンが原因なのか画像と動画を調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です