スポンサーリンク

穂別博物館からアンモナイト化石を盗んだ犯人は誰?犯行方法について調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

北海道の穂別博物館は4日、盗まれたとして道警に被害届を

出していたアンモナイトの化石2点が、敷地内から見つかったと明らかにした。

小学3年の男児が、屋外の砂利の中から拾ったという。

化石のガラスケースに付着していた指紋は成人のものであり、

道警は男児以外の何者かが館内から持ち出したとみて窃盗容疑で調べている。

今回は穂別博物館からアンモナイト化石を盗んだ犯人は誰?

犯行方法についての調査です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンモナイト化石を盗んだ犯人は誰?

盗まれたアンモナイトの化石は、平成27年から翌年にかけて稚内市の宗谷丘陵で

行われた調査で北海道では初めて分布が確認された白亜紀末期のものだということです。

博物館はブログで、

「盗難された資料は、学術論文に掲載された新知見の証拠となるものです。

強い憤りを感じかつ遺憾に思います。盗難した資料の返却を強く要望します」

とコメントしています。

アンモナイトを盗んだ犯人に関しても調べて見たのですが、

捕まってない為まだわかっていません、

犯人の特徴なども公表されていないのでまだわかっていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

犯行方法について調査!

化石は、鍵付きのガラスケースに入っていましたが、

7月28日の閉館作業中には異常はなかったということで、

何者かに盗まれたとみて警察に被害届を出したということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上が穂別博物館からアンモナイト化石を盗んだ犯人は誰?

犯行方法について調査結果でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です