スポンサーリンク

稲荷森古墳付近(山形県)のクマの最新の目撃情報と現在地について!遭遇したときの対処方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

昨日から今朝にかけて、南陽市島貫地内、若狭郷屋地内、郡山地内、

長岡地内にてクマの目撃情報が寄せられています。

昨日は赤湯駅周辺でもクマが目撃されています。

危険ですので、付近の方は、クマに十分注意し、安易に近づかないように願います。

また、クマを目撃しましたら、警察署へご連絡願います。

今回は稲荷森古墳付近(山形県)のクマの最新の目撃情報と現在地について!

そして遭遇したときの対処方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

稲荷森古墳付近(山形県)のクマの最新の目撃情報と現在地について!

稲荷森古墳付近(山形県)のクマの最新の目撃情報と現在地について調べて見ました。

https://twitter.com/m__nagashima/status/1026240055122096128

目撃されたのは山形県南陽市萩生田の同市立沖郷中学校北側グラウンド付近で、

クマ1頭(体長約80センチ)が立ち去るのを見つけ県警南陽署に通報した。

その後もJR赤湯駅西口と東口付近でクマの目撃情報が相次ぎ、110番通報が寄せられた。

その後、クマはJR赤湯駅南側の花店の出入り口のサッシ戸に衝突し、

ガラス1枚(約90×90センチ)を割り、

JR赤湯駅から南に走り去ったとの目撃情報があった。人的被害はなかった。

現場は、山形新幹線が停車する駅で、付近に里山などはない住宅地。

県警南陽署は、クマはJR赤湯駅西口から東口へ線路を渡ったとみている。

それ以外にもこのような目撃情報があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遭遇したときの対処方法まとめ

遭遇したときの対処方法についても調べて見ました。

まずは絶対にしてはいけないのが熊の攻撃をやり過ごす方法として、

膝を抱いてうずくまり、頭の後ろで手を組んでうつ伏せになる方法を勧める人がいます。

でもこの方法は絶対にダメですなぜかというと熊の攻撃が強力すぎて

意識を保ったままこの体勢を続けることが非常に難しいからです。

熊の爪は余裕で人間の体を引き裂きますし、噛まれたら骨がボリボリ砕けます。

スズメバチに襲われたときならまだしも、熊に襲われてる状況で急所を守った

体勢をキープするのはほとんど不可能です。

唯一の例外としては大きめのリュックを背負ってるときならうつ伏せになれば熊の攻撃がほとんどリュックに行くため、助かるかもしれません。

ただしこの場合も熊のお腹が空いておらず、こちらを補食対象として見ていない場合に限られます。

それでは一体どうするのが正しいのでしょうか?

スポンサーリンク

正しい対処法

クマは暴れると恐ろしいですが実は熊は攻撃体制に入る前までは臆病で、人間を怖がっています。

そのため、正しいやり方をすれば追い払うことができます。

なぜ人間より全然強いはずの熊が人間を恐れるのでしょうか?

それは昔から人間が熊を狩っていたからです。

何百年も人間が熊を銃で狩ってきた歴史の中で、

熊にとって人間は出会ったら殺されるかもしれない危険な存在である、

という恐怖心が植え付けられていきました。

つまり熊にとってはたとえ武器を持っていなくても人間 = 怖いものという認識があるのです。

では具体的な熊の追い払い方を紹介します。

目を逸らさず、手を振って声をかける

大抵の熊は人間を恐れているため、相手が人間だとわかれば逃げていきます。

そのためにはできるだけ距離が離れているうちにこちらが人間であることをわからせることが大切です。

頭の上で大きく手を振ってこちらの存在をアピールしながら穏やかに声をかけてください。

鈴を持ってるなら音を鳴らし、ラジオを持っているなら大音量でかけます。

それでも近づいてきたときは思いっきりドスの効いた大きなうなり声を出して熊をビビらせてください。

これでこちらに向かってきた熊も踵を返して逃げていくことが多いです。

その際はなるべく低く、大きな声を出すのがコツです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

動画でみる対処法まとめ

このような動画も見つけることができました。

それとは別ですがこんなのもありました。

くれぐれも真似しないように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上が稲荷森古墳付近(山形県)のクマの最新の目撃情報と現在地について!

そして遭遇したときの対処方法まとめでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です