スポンサーリンク

池内明彦(サッカー)の札幌戦の誤審の動画はこちら!Jリーグダメ審判の顔画像や経歴についても!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

前代未聞のゴールが生まれた。後半38分、札幌が神戸ゴール正面で得た直接FK。

神戸が壁を作る途中に池内明彦主審がプレー再開の笛を吹いた。

すると札幌DF福森晃斗(25)は左足のサイドキックでゴール左隅に流し込んだ。

ゴール隅に寄って壁に指示を出していた神戸GK金承奎はボールを見送るしかなかった。

今回は池内明彦(サッカー)さんの札幌戦の誤審の動画はこちら!

そしてJリーグダメ審判の顔画像や経歴についても!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

池内明彦(サッカー)Jリーグダメ審判の顔画像や経歴プロフィール

池内 明彦(いけうち あきひこ、1983年8月5日-)は、広島県出身のサッカー審判員。

2008年1月に1級審判員の免許を取得し、JリーグのJ1、J2で主審を務める。

2016年のJリーグ主審担当試合ではホームチームが6勝7分14敗(1試合平均勝ち点0.85)と大きく負け越し、

Jリーグ初の「ホームチーム平均勝ち点0点台主審」となった。

広島市立城山北中学校保健体育科教師である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

池内明彦(サッカー)の札幌戦の誤審の動画はこちら!

池内明彦(サッカー)の札幌戦の誤審の動画はこちらです。

でもこれってよくよく考えると

壁の人達と審判が一緒に下がって行って審判がキッカーより下がって笛を吹くんですが、

審判最初から下がってないからいつでも増えふいたら始まるんですよね。

なので選手は抗議してますが自分たちのミスであったんですね。

ゆえに判定も覆らなかったってところなんでしょうか、

誰か詳しく説明できる人がいたら説明してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世間の声

世間の声がこちらです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

以上が池内明彦(サッカー)さんの札幌戦の誤審の動画はこちら!

そしてJリーグダメ審判の顔画像や経歴についてもでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です