スポンサーリンク

VW元幹部5人が国際手配!?問題に関して隠蔽化!?米国の身柄引き渡し要請に応じるか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。VW問題が起きたのが2015年9月約二年経つ今、ようやくアメリカ国内で詐欺罪などで起訴されていたフォルクスワーゲン社(VW)の元幹部5人が国際手配されたということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VW元幹部5人を国際手配=排ガス不正で米司法省

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正事件で、米司法省から詐欺罪などで起訴された同社元幹部5人が国際手配されたと22日報じられた。

 米司法省は1月、不正当時にVWのエンジン開発部門や品質管理部門の責任者だった管理職計6人を起訴。このうち1人は渡航先の米フロリダ州で1月に逮捕されたが、残る5人はドイツ国内にとどまり、身柄を拘束されていない。

 VWに対しては、独検察当局も詐欺容疑などで捜査中。南ドイツ新聞によると、米司法省に起訴された元幹部オリバーシュミッドは、独検察の調べにも応じているという。同紙は、独当局が米国の身柄引き渡し要請に応じる見込みは薄いと報じている。

VW非ガス不正事件とは?

ドイツの大手自動車メーカーで世界最大手のVWが、ディーゼルエンジンを載せた車の排ガス規制から逃れるために、不正なソフトを使っていた問題。

 まずアメリカで発覚し、ヨーロッパやアジアの国々にも飛び火した。不正の可能性のある車は世界で約1100万台にのぼるという。幸い日本では基本的にゼロであった。健康への被害はきわめて大きいと推定される。制裁金、訴訟、ブランドイメージの悪化などにより、企業業績への悪影響は長期間にわたると予想され、数日後にCEOが辞任。

リコールの数はアメリカでは48万台に登った

 VWが車に搭載していた不正ソフトは、車が環境を汚す物質をどれだけ出しているか走っているかを判断する時に動くものだった。

  • 排ガス試験中はあまりハンドルをあまり切らない-ソフト起動時
    試験中なら、排ガスを浄化する装置をしっかり動かし、いろいろな国や地域で定めている基準をクリアさせる。
  • ふつうに道路を走っているハンドルをよく切るかで判断。
    道路を走っているときは装置の動きを弱めて燃費を良くさせる。その結果VWの車は環境を汚す窒素酸化物(NO)は、アメリカの基準の10~40倍だった。

 アメリカは、VWに不正ソフトを載せた車約48万台をリコール、無料の修理するように命令した。

 問題発覚を受けて経営トップのマルティン・ウィンターコルン氏は辞任した。その後もVWはなぜ不正をしたのかはっきりとした説明をしていない。

 当該車種による汚染物質の総量は年間100万トンと見られる。統計的には、1300トンのNOxあたり一人の死亡につながると推定される。

噂ではアメリカ市場での苦戦から不正に踏み切った?

 VWは高級車の「アウディ」「ポルシェ」の親企業であるグループだ。2014年度は約1千万台を売ってトヨタ自動車を抜き、販売台数で世界一になった。

 アメリカ市場では苦戦していた。厳しい環境基準をクリアするため、不正ソフトの使用に手を染めたという噂が。

不正によるVWの経営への影響は計り知れない。アメリカは不正への制裁として最大約2兆1600億円を払うように求める予定だ。リコールなどにかかる費用も巨額なもので、VWはまずそのために約8700億円を準備したが、足りなくなる可能性も高い。

不正ソフトを載せた車を買った人たちが、裁判でお金を払うように求める動きもある。

捕まった1人の元幹部と、指名手配中の元幹部5人とは?

 オリバー.シュミッド、その当時の排ガス責任者、彼はアメリカにいて容疑も認め出頭している。

 ヘインズ-.ジャコブノイサー、その当時のエンジン開発責任者

 リチャード.ドレンキャンプ、ディーゼルエンジンの開発をしていた人物で彼がアメリカの非ガススタンダードに達成するディーゼルエンジンを作れなかった。

 エンス.ハドラー、彼も2007年から11年にかけてエンジン開発をリードしていた人物。

ベルナンド.ゴッテウス、当時の品質管理を担当していた人物。2007-2014年まで。

 ユルゲン.ピーター、その当時VWと米司法省のやり取りをしていた人物。

まとめ

  • VW元幹部5人を国際手配。
  • その他に逮捕されてる人が一人。
  • ドイツの大手自動車メーカーで世界最大手のVWが、ディーゼルエンジンを載せた車の排ガス規制から逃れるために、不正なソフトを使っていた問題。
  • 同紙は、独当局が米国の身柄引き渡し要請に応じる見込みは薄いと報じている。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です