ダニール・メドベデフの年収がすごい!住まいや過去の戦績を調査!

T氏ですワウリンカ初戦敗退、ウィンブルドン初出場の21歳に屈する!

その選手の名前はダニール・メドベデフこの21歳の若者がどのような人物なのか調査してみました!

*追記があります

スポンサーリンク

プロフィール

Medvedev WMQ16 (21) (28133715871).jpg

名前:ダニール・メドベデフ

国籍:ロシア

住居:フランス

誕生日:1996年2月11日(21歳)

身長:198cm

プロ歴:2015年に転向

利き手:右打ち(バックハンド両打ち)

コーチ:ジャン=ルネ・リスナール
ジルスサーバラ
ジュリアンジャン・ピエール

現在ランキング: No.49

あだ名はベアー日本語で言うと熊ですね。

アンドレイ・メドベデフとは関係血の繋がりもないようです。

6歳からテニスを始め、テニスをやってなかったら他のスポーツはやってなかったとの事。

プレーステーションが大好きなようです!

ダニール・メドベデフのキャリア

2015年にクレルミンカップでダブルスでデビュー。

2016年にはオランダで行われたATPのリコーオープンで

オラシオ・セバジョスを倒して優勝。

2017年にはインドで行われたチェンナイオープンで準優勝、それによりランキング99位から65位にランクアップ。

2017年はその後も良いコンディションをキープ、エイゴン選手権とリコー・オープン(RICOH Open 2017)でもベスト8入りを果たしている。

優勝こそなかったものもロビン・ハーセにも勝ったりと好調のまま

ウィンブルドンの前哨戦になったエイゴン国際では

優勝したノバク・ジョコビッチに負けたものの準決勝まで進出

ウィンブルドンで ワウリンカに一回戦での勝利

男子シングルス1回戦が行われ、大会第5シードのスタン・ワウリンカ(Stan Wawrinka、スイス)が4-6、6-3、4-6、1-6でロシアのダニール・メドベデフ(Daniil Medvedev)に敗れ、大会初戦で姿を消した。

これがウィンブルドンでのデビュー戦となった世界ランク49位のメドベデフは、ベスト32入りを懸けて予選勝者のルーベン・ベーメルマンス(Ruben Bemelmans、ベルギー)と対戦することになった。

勝利を祝ってセンターコートの芝にキスしたメドベデフは、「1年前の世界ランキングは250位だった。1年のうちにウィンブルドンのセンターコートで勝てると言われていたら、冗談だろうと話していたと思う」とコメントした。

気になる年収は?

やはり年収は気になる所

なんとデビュー2年でもうUS$533,495の賞金を稼いでるようです。

他にもスポンサーのアンブロからいくらか貰ってると考えて6千500万~7千万円ぐらい行くのでしょうか。

恋人は?結婚はしてるの?

色々と調査してみた所何も見つかりませんでした。。でもフランスに住んでるロシア人でテニスのプロだったら持てそうなので普通にいそうです。

引き続きちょうさしてみます。

追記分

テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は5日、男子シングルス2回戦が行われ、ロシアのダニール・メドベデフは、試合後に審判台に向かって小銭を投げる行為をとった。同選手はその後、自身の行為に主審が買収されていたなどの意図はなかったとした上で、謝罪した。

ダニール・メドベデフは昨年、米サウスカロライナ(South Carolina)州チャールストン(Charleston)で行われたクレーコート大会で黒人選手のドナルド・ヤング(Donald Young、米国)と対戦した際、主審を務めたフランス出身の黒人審判が相手を優遇したとして人種差別的な発言をし、失格処分を受けていた。

まとめ

  • ワウリンカ初戦敗退、相手はウィンブルドン初出場のダニール・メドベデフ
  • 現在ランキング: No.49
  • ウィンブルドンの前哨戦になったエイゴン国際では優勝したノバク・ジョコビッチに負けたものの準決勝まで進出
  • なんとデビュー2年でもうUS$533,495の賞金を稼いでるようです。
  • 恋人情報は色々と調査してみた所何も見つかりませんでした。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。