ティムケーヒル、サッカーオーストラリア代表!日本キラーの由縁を調べたら他の事実も発覚!

T氏です。

日本代表がW杯に出場できるか次の試合で決まる可能性がありますね。

次の対戦相手はオーストラリア試合の日程は。

2017年08月31日 19:35 KickOff 埼玉スタジアム2002

敵を知り己を知れば百戦殆うからずという言葉がある様に、

皆さんはオーストラリア代表をどのくらいご存知ですか?

今日からオーストラリア代表について不定期で書かせて頂きます。

スポンサーリンク

オーストラリア代表はどんなチームなの?

サッカーオーストラリア代表(Australian national football team)は、

オーストラリアサッカー連盟により組織されるサッカーのナショナルチーム。

公式ニックネームは『サッカルーズ』 (“the Socceroos”)でサッカーとカンガルーの合成語である。

オーストラリア代表といえば06年ドイツW杯を思い出しますね。

1−0で勝ってたのにあの悲劇の84分からの6分間で終わってみたら1−3で逆転負け。

ってこんな事は皆さんもご存知かつわざわざ説明する必要、気になる所ではないですよね。

この試合で逆転の立役者になったティムカーヒルに付いて書きたいと思います。

ティムカーヒルってどんな人?

日本代表から通算で5ゴールを挙げており、

特に先述の2006W杯での2得点も含まれることから、

日本メディアからは「日本キラー」「日本の天敵」などと呼ばれる。

ケーヒル自身も、2016年10月11日のワールドカップ予選・日本戦を前に、

自身のインスタグラムで2006W杯の写真をアップし挑発するなど、

日本をお得意様として意識しているが一方で、

南アフリカW杯アジア最終予選のホームゲームで自らの2点のゴールで日本を降した際には

「日本に弱点はないさ、素晴らしいチームだ。あの試合は中村が居なかったから我々が勝てたのさ」

とリスペクトを示した。

2011年アジア杯において決勝で日本に敗れた際も敗者ながら日本の表彰式前に、

日本選手全員までかコーチや監督のアルベルト・ザッケローニとも握手を交わして、

日本の優勝を祝福した。

年齢的にもキャリアの終盤を迎えてるカーヒル、日本戦も出るかは?ですが。

というのが簡単な説明ですが彼には色々なエピソードがあります!

親族、親戚などもスポーツエリート

オーストラリア生まれのサモアとアイルランドの血を引き、

家族は熱狂的なラグビー一家だったようす。

弟のクリス・カーヒルはティムと同じ様にサッカーをやりサッカーサモア代表のキャプテン。

3人の従兄弟はプロのラグビー選手、

ベン・ロバート、ジョー・スタンレー、ジェレミー・スタンレー

二人の甥っ子もプロラグビー選手、

チェース・スタンレー、カイル・スタンレー

それ以外に親類関係でプロのラグビー選手が数人。

サム・スタンレー、マイク・スタンレー、ベンソン・スタンレー、ウインストン・スタンレー

恐ろしい一家です、彼の身体能力とパワーはサモアのラグビーパワーから来てるのでしょう。

結婚はしてるの?

カーヒルは2010年に幼い頃からの彼女であるレベッカグリーンヒルとラスベガスで結婚しました。

その辺もイケメンですね。

二人の間には4人の子供がいます、

三人の男の子、キヤ、シャイ、クルーズ

一人の女の子、シエナ

カーヒルは家をオーストラリアのシドニー、フロリダ、ニューヨーク、上海とイギリスに持ってます。

まとめ

ティムカーヒルのサッカー以外のエピソードはいかがでしたか?

試合中は点を決められたくない、負けた時の悔しさなどで彼を応援しにくいかもしれないですが。

こうやって違う一面をみて試合を見るのも楽しいかもしれません。

T氏としては日本に勝ってもらいたいのは変わりありません。

絶対に負けられない戦いがそこにはあります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。