スポンサーリンク

小室佳代が抱える3つの問題が結婚延期の理由?調査結果!

スポンサーリンク

T氏です。

皇族の眞子さまと小室圭さんの結婚の延期が発表されました。

昨年の2017年の9月に婚約を発表されて。

11月22日には2018年の11月4日に挙式をあげるとまで発表されていた中この延期。

結婚発表:http://www.sankei.com/life/news/171122/lif1711220037-n1.html

延期の理由について同庁は、眞子さまと小室さんの「お気持ち」として文書を公開しました。

お気持ち:http://news.livedoor.com/article/detail/14265245/

内容は「充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」と説明した。

一方で、結婚の意思は変わらず、「この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたい」とした。

延期の期間は2年半との事です。

今回は延期の期間がどのようにして出されて延期の理由の真相に関して調査結果です。

スポンサーリンク

婚約延期の理由には小室圭の母である小室佳代にある?

延期の理由に関して調べてみると必ず浮かび上がってくるのが小室圭さんの母である小室佳代さんの名前です。

その中でも大きく上がってきてるのが。

男性問題

金銭問題

宗教問題

と以上の3つが噂されています。

小室佳代さんの男性問題

まず初めに男性問題について。

男性に問題に関しては有力な話が2つあります。

彫金師の男と元商社マンの婚約者の二人です。

男性問題と聞くとちょっと聞こえが悪いですが小室佳代さんの旦那さんはすでに他界しているために世間体の問題は何もありませんがしかしながらこのような噂があります。

彫金師の男はヒモだった?

彫金師の男とは小室圭さんの父勝敏さんの死後まもなく、佳代さんとの交際が始まりました。

彫金師は近所に住む男性でアクセサリーの装飾加工をしていた彫金師の仕事をやっていました。

しかし、しばらくすると仕事がなくなり無収入の日々が続くようになりました。

なので、佳代さんの自宅にころがりこみ、その当時小室圭さんと佳代さんと3人で暮らしていました。この時期は佳代さんが生活の面倒をみていたので。

ヒモ

だったようですね。

Twitterで画像を見る

このような絶望的な状況に小室圭さんは子供ながらにとうぜん相当イヤな思いをしていたので、結局佳代さんとこの男性は破局し男性は小室さんのマンションを出ていきました。

こうしてみると、一般家庭の視点で見ても小室圭さんの幼少時代の生活環境がとても複雑だったことは間違いないでしょう。

わかれた後も佳代さんとこの男性との関係はしばらくズルズルとつづいていたようですが。

ある意味、このような環境でグレなかった小室圭さんはたいしたものだと個人的には思いますね。

小室佳代さんと元商社マンの婚約者の間の金銭問題

小室佳代さんと婚約していたとされる元商社マンとの間には金銭問題もあり。

それも結婚の延期の理由になったと言われています。

弁護士に相談しても一向に状況が変わらず、彼が気の毒でしかたがないので、本人に代わってお話しいたします。 私の友人の竹田さん(仮名)が、数年前に小室圭さんのお母さんに貸した400万円以上がいまだに未返済で、返す意思もまったくないそうなんです

こう話しているのは小室圭さんの母親、小室佳代さんに400万以上のお金を貸した竹田さんのお知り合いの方です。

竹田さんと言う方は小室佳代さんと親しい間柄で2人は婚約をされるまでだったそうです。

その婚約中に

小室佳代さんは、竹田さんにお金を借りていたようです。

しかも400万という大金を

どうして400万ものお金を借りていたのか?

「小室さんが現在住んでいるマンションのローンは、旦那さんが亡くなった際の保険金などで完済しているそうです。 しかし、日々の生活費は佳代さんの収入のみだったので、決して裕福ではなく、むしろ生活は苦しかったんです。 お金がない状況の中、圭さんが国際基督教大学(ICU)に入学するにあたり、“お金がない”と言うので、初年度にかかった入学金と年間授業料を竹田さんが貸してあげることになりました」

小室家は、生活に苦しい状況であったようです。

「圭さんが大学3年生のときにかかったアメリカ留学のための費用200万円、一時期通っていたアナウンススクールの授業料に関しても、佳代さんに頼まれた竹田さんが工面してあげていたのです」

このように度重なる形で竹田さんは善意で小室家に援助をしていたようです。

もちろん、婚約していた訳ですから家族になるのだからと考えていたからなのかもしれませんね。

しかし東日本大震災の影響で小室佳代さんのパートの仕事は短くされ収入も減ってしまったようです。

その後、小室佳代さんが竹田さんに対して度重なるお金を要求してきたようです。

佳代さんは竹田さんに何度も電話で“今月厳しいからお金を都合してほしい”と毎回10万円ほど要求するようになったそうです。

とうとう竹田さんは小室佳代さんに対して気持ちが離れて行ってしまい別れを決意します。

その決め手となったのが

「圭さんが20歳前後の誕生日に、竹田さんが新橋の高級レストランでお祝いをしてあげたそうです。 そこまではいいのですが、翌年の圭さんの誕生日に、佳代さんが“あの店じゃないと意味がない”と言い出し、竹田さんが別の店を予約していたのもおかまいなしに勝手にその新橋の店を予約してしまったんです。 もちろん、会計はすべて竹田さんで、そのときに“私はただの財布じゃない。もうこの人とはやっていけない”と別れを決意したそうです」

この内容を見ると完全にお金ありきになってしまったようですね。

竹田さんの気持ちはよく分かりますね。

竹田さんが別れを告げ小室佳代さんもそれをすんなり了承した様子です。

「彼は婚約解消を伝えたあとに、今まで振り込んだお金を返してほしいと文書で伝えました。

これに対して、小室佳代さんは月に1万円しか返せませんと

言ってきたそうです。

しかし数日後、

佳代さんは弁護士に相談したのか、家まで届けにきた文書の中で“お金は贈与されたもので、返す理由がない”と返金を拒否してきたのです。

しかも

小室圭さんも贈与と認識していると言ったそうです。

借用書が無い為裁判になったら

竹田さんが勝つ事は難しいそうです。

竹田さんは家のローンが払えず自宅を売ってしまったようです。

この400万があれば、家を売る事は無かったと考えると悔しいですね。

 

文春・新潮記事から時系列にまとめ、それでも借金について知らないと言った小室さん

一つ一つ調査そしてわかりやすい時系列での説明もさせて頂きます。

2002年 3月 父・敏勝さん自死
2002年 ?月〜2007年? 佳代さん、彫金師の恋人Aさんと交際(知人には『父』と紹介していた)

Aさんは自宅近くに住む現在70代、奥さんに先立たれて、独身。佳代さんとは地元でお付き合い。再婚の噂も流れていた。彫金師として個人で働いていたが収入ゼロになる時期があり、小室宅に住み着いて佳代さんが養なっていたことも。Aさんが前立腺の手術を受ける時、同意書にサインしたのも佳代さん。仕事をしない収入ゼロのAさんに圭さんは「いい加減にしてほしい」と対立。別れる原因に。

2004年 4月 カナディアン・インターナショナルスクール(中・高一貫校)入学
2007年  佳代さん、竹田氏(X氏、山田氏)交際開始

竹田氏(X氏、山田氏)のプロフィール
現在60代後半
元外資系商社マン
ジャガーに乗っていた?
大倉山の小室家宅の近所に住む方。

2010年  4月 眞子さまICU入学
      7月 圭さん『湘南江の島・海の王子』に
      9月 圭さんICU入学。佳代さん・竹田氏(X氏、山田氏)婚約

<ICU入学時>
「ICUの入学金を振り込んでいただけますよね」
「入学金を出してあげるとおっしゃってくれましたし、メールもいただきましたよ」
竹田氏(X氏、山田氏)はそんなことを言った覚えもないし、携帯を確認してもそのようなメールはなかったが、「貸してあげる」というつもりで振り込んだ。

2010年  10月 竹田氏(X氏、山田氏)453,000円振込(入学金)
2011年   4月 竹田氏(X氏、山田氏)400,000円振込(授業料の一部)

311の東日本大震災の影響で佳代さんのパート先の営業時間が短縮で収入が減ってしまったと佳代さん。

   「今月苦しいからヘルプしてください」「10万円ヘルプしてもらえれば」
      翌月からも「今月も足りないので」

2011年    6月 100,000円
2011年    7月 300,000円
2011年    8月 100,000円
2011年    9月 440,000円
2011年   10月    圭さんアナウンススクール「アスク」に入学
2011年   10月    450,000円(授業料?)

「将来アナウンサーになったら返します」と言われて出資。

2011年   11月  50,000円
2011年   12月 100,000円
2012年    1月  2,000,000円(留学費用)

UCLA留学時ビザ発行条件として口座に200万ないとダメと言われたとして

「残高証明を取るために、1時的に200万振り込んでもらえますか」

いつまでたっても返却されないのでおかしいと思っていたら、電話で
「本当はお返ししなきゃいけないんだけど、うちも生活が色々厳しくて
 生活費に充当していいですか」 と言って返してこなかった。

2012年  6月 圭さん、眞子さまと留学説明会で出会い、交際開始
時期不明 ?月  250,000円(留学中にスペイン旅行をするというので別途頼まれて貸したお金、圭さんから一部返却があった)

2012年  9月 竹田氏(X氏、山田氏)より婚約解消。
2012年  9月 眞子さま英国エジンバラ大学へ、圭さんは米国UCLAへ留学
2013年 8月 婚約解消からほぼ1年、いつまでもお金が返済されないので、竹田氏(X氏、山田氏)手紙で、返金要求 。佳代さんからは返事なし。

手紙を送って、3、4日経った頃、圭さんが何事もなかったかのように、竹田氏(X氏、山田氏)の家にくる。(文春)(新潮では、圭君を“見かけて聞いた”となっている)

竹田氏(X氏、山田氏)「手紙は見ましたか?」と圭さんに聞く。

圭さん今まで見せたこともない嫌そうな顔をして無言で帰る。

その夜、佳代さんからものすごい剣幕の電話

「圭から聞きました。一体、何ですか。(お金は)もらったものです(怒鳴る)」 

竹田氏(X氏、山田氏)「貸したんですから返してください」

佳代さん「仮に返せても月に1万円くらいしか返せません」

数日後、佳代さん・圭さん親子で竹田氏(X氏、山田氏)の自宅を訪ねてくる。
弁護士と相談し作成したという書類を持参。
▪文春
『一方的な婚約破棄により精神的な傷を負った。
それに対する謝罪も補償もない中で請求を受けるのは納得できない
贈与であって貸付ではない 』
これを見てX氏「私にも生活があるので返して欲しい」 
圭(割って入って)「返すというか、元々、贈与だと認識しています」

(文春)

▪新潮
<貴殿と小室佳代は交際ののち2010年9月に婚約いたしました。
貴殿はそれを2012年9月14日一方的に破棄しました。その時の話し合いにおいて、貴殿はその間小室佳代に対して交付した金銭については、当初から婚約者に対し「差し上げたものだ。当初より返済を求めるつもりはありませんでした」と発言しております。
<貴殿から贈与を受けたものであって、貸し付けを受けたものではありません。従いましてその金銭について返済する気持ちはありません>
山田さんは、「差し上げますと言った覚えはない」と全面否定。
それでも佳代さんは贈与だと主張。圭さんも返済意思を質されて
『返すというより、もともと贈与を受けていると認識している』と母を援護。(新潮)
2013年  12月 圭さん、眞子さまにプロポーズ
2014年  3月 眞子さまICUご卒業
2014年  6月 圭さんICU卒業
2014年  7月 三菱東京UFJ銀行入行、丸の内支店に配属
2016年  4月 三菱東京UFJ銀行退社、一橋大学大学院国際企業戦略研究科入学
2016年  8月 奥野法律事務所・外国法共同事業に勤務
2017年  5月 婚約のニュースが流れる(5/16)

前日(5/15)、竹田氏(X氏、山田氏)は偶然、自宅近くで圭さんと出くわす。
久しぶりに声をかけたが「こんばんは」だけ。「人生の節目に教育費や生活費の面倒を見てきたのに“おかげさまで”の挨拶もないなんて」と竹田氏(X氏、山田氏)。(新潮)

2017年  9月3日 婚約内定会見
2018年  3月4日 納采の儀
2018年  11月4日 帝国ホテルで挙式予定
2018年  2月6日 結婚延期。再来年の2020年に
2018年  2月13日
f:id:ootapaper:20180206232120p:plain
———

宗教問題は一体?

小室圭さんの父方の情報は早い段階から週刊誌が報道していたんですが、

母方の小室佳代(佳与)さんの方の情報は全く報道されていなかったんです。

しかも佳代さんの名前は佳代だか、佳与だか、圭与だから表記が錯綜していて、いまだにどれかわかりません。

週刊誌では「佳代」と報道されることが多いのですが、ニュースでは佳与となったいたので、

これらの事実から「怪しい」とヒートアップしてしまっていましたが、

八十子さんが宗教団体に入信していたと報道されてました。

小室佳代(佳与)さんの父が角田国光さん。

そして母親が角田八十子さんです。

八十子さんが、宗教団体に入信したというきっかけからご紹介していきます。

まず八十子さんは小室佳代(佳与)さんのお父さんである角田国光さんと結婚して小室佳代(佳与)さんと息子を出産しています。

しかし、子どもたちを出産する前後から、全身にリウマチの症状がでたらしく、外出もままならないほど酷いものだったようです。(八十子さんの同級生談)

そのため、家族は家で過ごすことが多かったそうですが、病気の辛さからか、八十子さんはある宗教団体に入信したそうなんですね。

ここまでが、週刊誌の情報です。

2年半の延期はどのように出された?

結婚が2年半の延期になる理由に関してもしらべてみたのですが詳しい情報は出ていません。

2018年に今生天皇が退位されることもありますし。

2020年には東京オリンピックが控えてるのでそれまでに問題を全て無くして結婚に進めるのでしょうかね。

まとめ

以上が小室佳代さんのトラブルの問題についてのまとめです。

引き続き調査を続けたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です