ジョイ”SJ”ハリス、デッドプール2の亡くなったスタントマンのWiki!アメリカのロードレーサー!

T氏です。

ハリウッド映画の人気作品Deadpool 2でスタントマンが亡くなる事故がありましたね。

亡くなったスタントマンは女性でした。

女性の名前はジョイ”SJ”ハリスという方でした。

今回は彼女に関してのWiki的な説明そして事故について調査してみました。

スポンサーリンク

ジョイ”SJ”ハリスのプロフィール、経歴は?

名前: ジョイ”SJ”ハリス

国籍: アフリカ

職業: プロのロードレーサー(アフリカンアメリカンとして初の女性プロ)

スタント歴: Deadpool 2でドミノ役ザジービーズ(Zazie Beetz)のスタントが初

ホームページ: http://www.threader24.com/(英語のみ)
Facebook: https://www.facebook.com/Threader24/(英語)

プロレーサーとしての経歴:

バイクを乗り出したのが2013年

そこから1500時間以上のトレーニングを積み女性のアフリカ系アメリカ人女性としての初のプロロードレーサになった。

トレーニング中の事故により2014年までアメリカスポーツバイクアソシエーション/チャンピオンシップカップシリーズにはでれなかった。

どうして悲劇は起きてしまった?

話によるとジョイ”SJ”ハリスはプロレーサーなのでバイク経験は豊富だが映画の現場でスタントを行うのは、初めてだったそうである。

週末と土曜日は丸1日リハーサルを行い、撮影当日も、最低5回は同じことをやったとの事ですがプロだったらそれだけこなせばもう十分なのか、それとも不十分なのかは素人であるT氏にはわからない事だがどうなんでしょう。

Deadline.comは、撮影が16時間に及ぶ日もあり、みんなが疲れていたとも報道されてますね。

さらにこんな話も「デッドプール」1作目は、スーパーヒーロー映画にしては非常に低予算で、毎日の撮影が大変だったと、主演とプロデューサーを兼任するライアン・レイノルズが語っていたようです。

1作目が大ヒットしたおかげで、この続編は、少し予算が増えたかもしれないが、その分、期待も上がり、決して楽にはなっていないはずだ。中には1作目を乗り切った経験を持つ人たちもいるだろうが、ほかの人たちも乗り切れるとはかぎらない。

レイノルズからのコメント

「ショックで、非常に悲しく感じています。ですが、彼女のご家族や親しい方々の今のお気持ちとは、比較にならないでしょう。ご心中をお察しいたします」

というメッセージを、ツイッターに投稿した。亡くなられた女性のご冥福をお祈りする。

事故現場の写真

かなり悲惨だったのでしょうねこのエリアが塞がれてるということは

まとめ

ジョイ”SJ”ハリスが亡くなってしまったので今後映画がどうなるかも気になりますね。

スタントマンにはノーといえる選択肢はないのでしょうかね?言ってしまったら他の人に仕事がいってしまいそうですし。

今後安全面などを考えて撮影に望んでもらいたいです。

ジョイ”SJ”ハリスの事で知っておいてもらいたい5つの事が以下となります。

  1. アフリカ系アメリカ人女性で一番最初のプロレーサー。
  2. 今回が彼女の初のデビュー作。
  3. 今作では女優Zazie Beetz役のスタントマンだった。
  4. 彼女はヘルメットをかぶってなかった。週末に二日に掛けてリハーサルを行い、事故当日は5回以上同じシーンをリハーサルした。
  5. ニューヨークのブロックリン育ち。以前、雑誌のインタビューではレーサーになるという夢は抱いた事がなかったが、これが現実と話していた。

引き続き事故に関して調査を続けたいと思います。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。