スポンサーリンク

レディーガガが活動休止!その理由は慢性痛?過去のうつ病経験も関係してる?復帰についてなどの調査!

スポンサーリンク

T氏です。

米歌手レディー・ガガ(Lady Gaga)が8日、現在行っている「ジョアン・ワールド・ツアー(Joanne World Tour)」を12月中旬に終えた後、活動を休止する意向を表明したようですね。

スポンサーリンク

ニュースの内容

カナダのトロント国際映画祭(Toronto International Film Festival)で、自身を題材にしたドキュメンタリー映画『ガガ:ファイブ・フット・ツー(Gaga: Five Foot Two)』の上映会に参加したレディー・ガガは記者会見で「休もうと思う。どれくらいの期間かは分からない」と表明。

「創作活動をしないという意味ではないし、きょうここであえて発表しない隠し玉がない、という意味でもない。でも、私はしばらく落ち着いてゆっくり過ごし、癒される時間を持つことを楽しみにしている。それは大切なことだから」とコメントした。

最近30歳になったばかりのガガは、デビューから10年間でアルバム5作を発表し、常にツアーをこなしてきたほか、今年にはスーパーボウル(Super Bowl)のハーフタイムでパフォーマンスを披露。一方で、激しいコンサートによる慢性的な痛みに悩まされていた。

慢性的な痛みとは?

慢性的な痛みと聞くとそもそも何か原因があるのかと思いますよね。

慢性的な痛みだけだとちょっとわからないですよね。

痛みには2種類の痛みがあり、一つが急性、もう一つが慢性ですよねなので、急に痛くなり、短期間でおさまる痛みは「急性の痛み」、1~3ヵ月以上と長く続く痛みは「慢性の痛み」といわれます。

「急性の痛み」は、その原因となるケガや病気が治れば消えていくものですが、痛みが生じたときに適切な治療をせずに、そのまま放っておくと、痛みが別の痛みを引き起こし、「慢性の痛み」に変わってしまう場合もあります。

レディーガガの慢性的痛みは何が原因?

レディーガガの慢性的痛みに関して調査してみた所。

英語だとChronic Painとインスタグラムでも言ってますね。

日本訳すると慢性疼痛(まんせいとうつう)これはどういう痛みかというと。

慢性疼痛原因存在するか回復している

身体所見ないことが多い

感情の変化深く関連している

症状疲労、不眠、食欲現象、抑うつ状態、怒りやすいなど

痛みの感じ方増強または普段感じない刺激を痛みに感じる

治療消炎鎮痛薬が無効なことが多い

という鎮痛剤が無効な事が多いのが何とも言えないですよね。

でもこの症状の中に2つ気になるのがありますよね。

感情の変化深く関連していると抑うつ状態

レディーガガは過去にもそういう精神的な問題の事を語っていましたよね。

自身がうつ病であると告白したり。

それには理由があったのをお覚えですか?

どうやらレディーガガは過去に性的暴行を受けた経験があるようなので。

おそらくこの慢性的痛みやうつ病になってしまったのもそれが原因だと思います。

復帰はいつなの?

今回活動休止のインタビューをした時には涙を流していたようです、そしてその慢性的痛みがすごい難しい物だとも語りつつだけど少しずつ良くはなってきてると。

英語文でもRestが必要と書いてあるので、引退するわけではないです。

案外と結構早く戻ってくるかもしれないですね。

外国人はこういう時、結構大げさな事が多いので。

まとめ

レディーガガはすごい成功しているようですが、その成功の陰には闇がやはりあるのですね。

ステージ上ですごい輝いて見えるのはその陰があるからなのでしょうね。

早くよくなって復活してもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です