スポンサーリンク

金正恩が泊る5つ星ホテルの65万のスイートルームの場所はどこ?ホテル代を誰が支払うのか調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

来週火曜日(2018年6月12日)に迫った米朝首脳会談ですが、開催地となるシンガポールは特別行事区域に高級ホテルや有名ブランド店が連なる中心部とレジャー施設が集まる南部のセントーサ島の一部を指定し、人や車の侵入を規制するなどして、準備を整えています。

さて、そこで特に注目されているのが米朝の宿泊予定施設です。

アメリカのトランプ氏が宿泊するとされているのが, シャングリラホテル。

同ホテルが「 至福のやすらぎ 極上のホスピタリティ」と謳う、1泊約58万円バレーウィングシャングリ・ラ スイートです。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が希望しているホテルは5つ星ホテルでスイートルームが一泊65万円になると言われているホテルなんですが、一体どこのホテルのなのでしょうか。

今回は金正恩委員長が泊るホテルはどこなのかそして一体どこが宿泊代を負担するのかを調べて見ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どこの5つ星ホテルのスイートルームを希望してるの?

金正恩委員長らが希望している5つ星ホテルは一体どこなのでしょうか。

今言われているのが5つ星ホテル「フラトン」何じゃないかと噂になっています。

ザ・フラトン・ホテル・シンガポール(The Fullerton Hotel Singapore)は2001年1月1日に開業したシンガポールの高級ホテルである。

近く一帯はフラトンヘリテージの所有地であり、敷地内には姉妹ホテル、ザ・フラトンベイホテル・シンガポール、ワン・フラトン、ウォーターボートハウスなどがあり、シンガポールのシンボルマーライオンがあるマーライオン公園もフラトンヘリテージの所有地内にあるホテルです。

そのフラトンホテルのプレジデンシャルスイートは何と1泊65万円。

すごい豪華なので画像でみてください。

こんなところ一生泊まれないんだろうと思いながら眺めています。

すごいです。

グランドピアノまであるなんて。

綺麗ですね。

フラトンホテルは、1928年に設立され、過去には、中央郵便局や、政府機関なども入居したシンガポールの国定史跡です。

金正恩ら北朝鮮の宿泊代は誰が払う?

現在、外貨不足の北朝鮮は関係国による支払いを求めていると報道されています。

普通に考え今回はアメリカと北朝鮮の会議なのでアメリカが払うのではないかと普通なら考えられるのですが。

その報道に対し、アメリカの国務省のナウアート報道官は北朝鮮側が「侮辱」と受け止めることを懸念し負担しない方針を発表しました。

では、北朝鮮の宿泊代はどこが負担するのでしょうか。

トランプ氏らが、シンガポールに負担を依頼することを検討しているなか 、シンガポールのウン・エンヘン国防相は、米朝会談の開催費を負担する用意があることを発表しました。

また、負担する意気を示しているのは、2017年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」です。

同キャンペーンの国際運営委員を務める川崎哲氏は、「 朝鮮半島の平和と核兵器のない世界を支援するため、首脳会談にかかる費用を平和賞の賞金から拠出することを提案する」と支援の用意があることを明らかにしました。

まとめ

以上が金正恩委員長が泊るホテルはどこなのかそして一体どこが宿泊代を負担するのかを調べて見ました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です