スポンサーリンク

トランプ大統領の首脳会談での一番の目的は?徹底調査!

スポンサーリンク

T氏です。アメリカと韓国の首脳会談が行われた。どのような話しになるのか色々と話題になっていました。首脳会談の内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

首脳会談とは何か?

政府の最高責任者が一堂に会して行う会議。その国で一番偉い人の話し合いですね。

今回はアメリカと韓国の首脳会談だったので。

トランプ米大統領と訪米中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の会談です。

お互いに自分の国を良くしようと違う狙いがあるので、意見もあわない事ばかりなので首脳会談は大変です。

トランプ大統領の狙いは?

 トランプ大統領が高い関心を示している米韓自由貿易協定(FTA)も議題になり、各閣僚も出席した拡大会合の冒頭、トランプ氏は「米韓FTA再交渉を直ちに始めたい」と発言。「我々は、米国と韓国双方にとって公平な取引を求めている」とも述べた。

 会談では、韓国側の手続き見直しで稼働が遅れている迎撃ミサイルシステム「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」の在韓米軍配備問題も議題になったとみられる。

 トランプ大統領は自らを折衝者という様に色々と文大統領および韓国政府に求めるだろうと話題になっていた。

文大統領の狙いは?

 文大統領は訪米前、北朝鮮が追加的な挑発を中断することを前提に、来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪で南北合同チーム編成を呼びかけた。

 早期の対話再開に軸足を置く姿勢は、経済制裁を強化するトランプ政権とは温度差がある。

 文大統領は交渉人として名が知れている、初の首脳会談では信頼関係構築を最優先させたとみられる。

トランプ大統領と文在寅大統領は前日に夕食会

訪米中の文在寅氏は29日夜、トランプ氏主催の夕食会に出席した。文氏は同日午前の米上下院有力者との懇談会では米韓同盟の重要性を繰り返し強調。夕食会でも米国とトランプ氏を持ち上げて、信頼関係の構築に全力を注いだ。トランプ氏も夕食会に満足した模様だ。

トランプ氏は従来、米韓自由貿易協定(FTA)や米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)配備を巡る韓国の対応などに不満を表明。文氏が米国に向かう機中で「首脳間の信頼関係構築が非常に重要だ」と語り、29日午後の日程を一部縮小して準備するなど、韓国側にとって緊張感が漂う夕食会になった。

文氏は夕食会前、出迎えたトランプ氏と5秒間にわたって笑顔で握手。トランプ氏は記者団に「北朝鮮や貿易、その他の複雑な問題すべてを議論する。遅い夜になるかもしれない」と語った。トランプ氏は夕食会終了後、自身のツイッターで「ちょうど今、韓国大統領との非常に素晴らしい会合が終わった。北朝鮮や新しい貿易取引を含む様々な案件について議論した」と伝えた。

初の首脳会談はどのような結果に?

トランプ大統領と文大統領は30日午前(日本時間同深夜)、ホワイトハウスで初の首脳会談を行った。

  トランプ大統領は文大統領の北朝鮮に対する姿勢を批判することは避けつつ、「米国は地域各国やその他の責任ある国々に対し、われわれと共に制裁に参加して北朝鮮政府により良い道を迅速に選択するよう要求し、長く苦しんできた北朝鮮国民がこれまでとは違う未来を持てるようにしようと呼び掛けている」と話した。

 文大統領は、北朝鮮の核兵器・弾道ミサイル開発にブレーキをかけるには北朝鮮政府との更なる交渉が必要だと主張していた。

しかし人命への敬意を欠いていると北朝鮮政府を批判していたトランプ大統領は、北朝鮮との交渉に入るつもりはなく、むしろ制裁が状況を動かす最良の手段だと考えていることを明らかにした。

トランプ大統領は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について「忍耐の時期は終わった」

 終了後の共同記者会見で、トランプ大統領は核・ミサイル開発を続ける北朝鮮について「忍耐の時期は終わった」とした上で「外交、経済的手段を駆使して対応する」と圧力を強化する考えを示した。一方で文大統領は「米韓の最優先課題は北朝鮮の核・ミサイル問題」と強調し、「米韓は段階的、包括的なアプローチで解決することで一致した」と述べた。

 文大統領はトランプ大統領が年内訪韓の招待を受け入れたことを明らかにした。

両首脳は北朝鮮の脅威に対する具体的な共同戦略を打ち出すことはできなかった。

アメリカ国内での北朝鮮への敵対心強まる。

トランプ政権は、この数か月に何度もミサイル実験を行った北朝鮮の金正恩、政権に対するいら立ちを隠せなくなってきている。また約1年半前に北朝鮮を旅行中に拘束された米国人学生、オットー・ワームビア(Otto Warmbier)氏が昏睡(こんすい)状態で解放されて米国に帰国し、その数日後に死亡したことで、米国では北朝鮮に対する怒りが高まっている。

北朝鮮の同盟国である中国が金政権に圧力をかけることを期待していたトランプ大統領だが、先週になりその努力が失敗に終わったとの見方を示した。

米国は北朝鮮の軍事的脅威から韓国を防衛するため現在韓国に2万8000人以上の米軍人を駐留させている。北朝鮮はこのところミサイル実験を繰り返しており、文大統領の就任後だけでも5回実施した。

まとめ

  • 政府の最高責任者が一堂に会して行う会議。
  • 前日の夕食会で、首脳会談時に議題に上がる話しが上がった。米韓自由貿易協定(FTA)や米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉
  • 北朝鮮政府を批判していたトランプ大統領は、北朝鮮との交渉に入るつもりはなく、むしろ制裁が状況を動かす最良の手段だと考えていることを明らかにした。
  • 文大統領はトランプ大統領が年内訪韓の招待を受け入れたことを明らかにした。
  • 両首脳は北朝鮮の脅威に対する具体的な共同戦略を打ち出すことはできなかった。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です