君の名は。新海監督が不倫、彼女が奥さんと入れ替わった!?

こんにちはT氏です、2016年度にしたのが新しい大ヒットアニメ映画「君の名は。」を手掛けた新海誠監督(44)が、30代前半の美人編集者と不倫交際していることが12日、分かった。

時間や時空を超えた純愛を描いた同作で一躍注目を浴びた希代のヒットメーカーは、既婚にも関わらずプライベート生活では、妻以外の女性との恋をはぐくんでいたようす。

スポンサーリンク

所属事務所はニュースの取材に対して否定

新海監督の所属事務所は、ニュースの取材に対して「監督本人は、『仲がいい友人の1人ですが、深い関係ではありません』と話しています」と答え、不倫については否定した。

複数の関係者によると、新海監督の法律を越えた恋愛の始まりは昨年春ごろ、共通の知人を通じて、この美人編集者の女性と出会ったという。丁度その時は新海監督は「君の名は。」が大ヒット中だった為すぐには交際には発展しなかったのだが、その後の二人は逢引を重ねて昨秋ごろには交際に発展したようだ。女性は人なつこくてかわいらしいタイプの編集者。

平日の仕事が終わった後などに、都内の飲食店や、女性の自宅などでデートを重ねており、2人で映画を見たり、別の業界関係者のパーティーにも同伴するなどしていたという。時間や時空を越える恋愛を描いた反動か現実世界では編集者という同じ業界内の近い存在にアプローチをしていたなんて。出会った時に彼はどのように美人女性編集者を口説き落として行ったのかが気になる、もちろん映画の名セリフである”君の名は?”となどと映画内で使われたセリフで最初の自己紹介の時に言ったに違いないし彼女を落とす時も結構ガツガツと行って瀧のセリフをかぶせ

「ずっと何かを、誰かを、探しているような気がする」

と言ったのでは無いかと想像される。

美人編集者もきっと新海監督と一緒にいれない時などは映画内の三葉のセリフの

「今頃二人は一緒か… あれ… 私… ?」

など彼の事を思いながらいたと思うと。。心切なくなってくるが。今回の騒動は不倫なのでそのような事を考えるのはやめておきたいと思う。

新海誠監督にかかれば今回の不倫騒動も僕達は前前前世では一緒だった。
僕のもう一つの時間の中の恋愛と色々と逃れることも出来るのではないかと思ってしまう。
案外奥さんと彼女が入れ替わったんだなどもう開き直って来る事も予想される。

不倫騒動がもたらす影響

元々純愛を描いていた所からして今後の彼の作品に影響が出ないか心配される。一気に次の映画では実体験を元にどろどろの不倫物語を描いたりして話題を取ろうとするかもしれない。今後もこのニュースに目が話せない状況が続きそうだ。

新海誠監督の奥さんで女優の三坂知絵子、子供で子役の新津ちせ。彼女達への影響、対応なども今後も追って行きたいと思う。

去年は恋愛アニメ、今年は自分の不倫騒動何かにつけて話題ならないと気がすまない性格なのかもしれない。

新海監督について

新海監督は02年、アニメ映画「ほしのこえ」で監督デビュー。07年には「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭最優秀アニメ賞を受賞。私生活では妻子がおり、娘は子役として活躍している。

「君の名は。」は、東京の男子高校生・滝と、田舎の女子高生・三葉の心と体が入れ替わる話を軸に、彗星(すいせい)落下事故を絡めた切ない純愛ラブストーリー。中高生を中心に口コミで広がり、RADWIMPSの「前前前世」「なんでもないや」などの主題歌も大ヒット。社会現象となった。興行収入は249億円以上をマークし、邦画では、「千と千尋の神隠し」(01年、興収308億円)に次いで歴代2位のメガヒットとなった。来月26日には、ファン待望のブルーレイ&DVD発売を控えている。

◆新海誠(しんかい・まこと)1973年(昭48)2月9日、長野県生まれ。中大卒業後、ゲーム会社に就職するも退社。02年「ほしのこえ」で監督デビュー、新世紀東京国際アニメフェア21(公募部門)で優秀賞。07年「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭最優秀アニメ賞。16年「君の名は。」では日本アカデミー賞優秀監督賞など多数受賞。

◆君の名は。 東京に暮らす男子高校生・滝(神木隆之介)と田舎の女子高生・三葉(上白石萌音)の心と体が入れ替わり、奇妙な体験を繰り返していくラブストーリー。物語の舞台やモデルとなった場所を訪れる「聖地巡礼」が社会現象化し、流行語大賞にもノミネートされた。日本アカデミー賞ではアニメーション作品初の最優秀脚本賞を受賞。興行収入は249億円で邦画歴代2位。

その他の新海誠監督の記事はこちら:

新海監督の不倫否定、浮気相手の名は。?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。