スポンサーリンク

2017年AKB48総選挙まとめ、トップ5を発表!?結婚騒動、まゆゆ引退、キングカズ宣言!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です、色々と今回も出来事があった総選挙。

◇第9回AKB48選抜総選挙(2017年6月17日 沖縄県内)

史上初の「無観客」開票は例年の景色を一変させた。指原の3連覇も渡辺の卒業発表もどよめきは起きなかった。ファンの大歓声でスピーチが消されることもない。客席に座ったメンバーとスタッフの拍手がよく聞こえた。

筆者が思う出来事トップ5は以下になる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1位 NMB須藤の結婚発表 運営「事実です」…近日中に会見

NMB48・須藤凜々花(20)が20位に入り、ステージで突然の「結婚」を発表した。AKB総選挙史上、最大の衝撃発表に場内は騒然となった。運営側は「須藤がステージで話したことは事実です」と回答した。この日に発表することは、須藤自身の意志で、一部の関係者だけが把握していたという。近日中に須藤が会見して詳細を明らかにする。

須藤はステージで突然「嘘偽りなく、本当に皆さんのことを人間、須藤凜々花として大好きでした。だからこれから私が結婚するという気持ちも本気です」と発言した。

会場が騒然となる中、司会の徳光和夫アナが慌てて「ご自身、いま、何を話しているか分かる?」と問うたが、須藤は「はい!すごく、迷惑をかけることもわかっているんですけど、自分にも皆さんにも嘘をつきたくないと思って」と返した。

その後も、徳光アナが「結婚は本当ですか」「相手がいらっしゃる?」「おめでとうと言ってもいいの」と確認を続けた。

これに須藤は「それは折り入って…NMB48の大人たちと発表します」「相手はいます」と返した。

最後に徳光アナが「結婚するんですか」と念押しすると「結婚します」と宣言した。

2位 まゆゆ2位 今年いっぱいの卒業発表「迷いに迷って」最近決断「やり残したことない」過去8回の選挙すべて「神セブン」入りを果たす伝説を残す。

「今回がラスト」と決めた舞台で、3年ぶりの総選挙1位を狙うAKB48の渡辺麻友(23)は2位。2度目の戴冠を果たせず、有終の美はならなかった。壇上スピーチで今年いっぱいでグループを卒業すると発表。卒業については「ここ2~3年考えていて、ずっと迷いに迷って、最近決断を下しました」と明かした。

スピーチ終盤で「全国のテレビをご覧の皆さま、各地ライブビューイングでご覧の皆さま、そして、ここにいらっしゃるすべての方々に、お伝えしたいことがあります。私、渡辺麻友はAKB48を卒業します」と切り出した。

今年4月、デビュー10年の区切りを迎えた。「これからは外の世界に出て、また1から新たな挑戦をしたい、1から出直すつもりで外の世界に飛び出そうという決意をさせていただきました」と決断の理由を打ち明けた。

「今はたくさんの後輩たちが増えて、きょうスピーチを聞いていても、頼もしい言葉を述べていて、この子たちに、将来のAKBを託したいとも思いました。今年いっぱいということで、残り少ない時間ではあるんですけど、残りの時間の中でAKBメンバーとしての使命を果たしていきたいと思います。本日は第2位という順位を頂きまして、皆さま、たくさんの応援をしていただき、本当にありがとうございました」と最後は笑みを浮かべた。

スピーチ後、司会の徳光和夫アナウンサー(76)に「自分1人で(決断した)?」と聞かれると「最終的には自分で決断しました」。ファンに向けては「驚かせてしまったとは思うんですけど、私はAKB48のメンバーとして、もうやり残したことはないと強く思っているので、最後の時間を一緒に」と呼び掛けた。

過去8回の選挙は4位、5位、5位、2位、3位、1位、3位、2位。今回も含め、すべて「神セブン」入りを果たした。

伝説を残したまま引退、スキャンダルもなくまさしくAKBの神となっただろう。

3位 指原莉乃が、24万6376票を獲得し、AKB48総選挙史上初の3連覇を果たした。今後総選挙には出ず勇退。

『第9回AKB48選抜総選挙』開票イベント(17日、沖縄・豊見城市立中央公民館)
人気アイドルグループ・AKB48の49thシングル(タイトル未定・8月30日)を歌う選抜メンバーをファン投票で決める『第9回AKB48選抜総選挙』が開票され、HKT48チームH/STU48の指原莉乃が、24万6376票を獲得し、AKB48総選挙史上初の3連覇を果たした。終了後、報道陣の囲み取材に対応し、祝福の声をかけられると「ありがとうございます。ラストの総選挙を気持ち良い形で終われてよかったです」と安堵した様子で微笑んだ。

切磋琢磨する形で熱い火花を散らしてきたAKB48の渡辺麻友は、指原に次ぐ2位。そして年内でのグループ卒業を発表した。ステージ上で涙ながらに熱い抱擁を交わした指原は「麻友の背中を押してあげたい」とエール。自身の卒業が話題に及ぶと「全くない、一切考えてないです。卒業の“そ”の字もなかった。すみませんけど、まだいます」と笑い飛ばした。

卒業については笑顔で否定した指原だが、総選挙イベントは今年を最後に身を引くことを宣言している。「かなり波乱万丈の総選挙人生だった。でも私は総選挙が無ければこうはならなかった。総選挙作ってくれた秋元(康)さんやスタッフさんに感謝です」と感慨深げに振り返りつつ「私の人生で一番出会えてよかったと思える出来事です。悔いのない総選挙人生でした!」と胸を張った。

今後の目標を聞かれ「頼りがいのあるメンバーに付いて行くのみ」とリラックスした様子で答えた指原。まだ来年の総選挙開催は発表されていないが「思い切って(中継の)スタジオMCをしたい。何らかの形で関わって、うまく仕事にしていきたい」と、しっかりと先を見据えていた。

まゆゆの引退により戦う相手がいなくなったからの引退なのか、それとも卒業については否定してたが一転して卒業するのかもしれない。

 

4位 「キング・カズのように」19位の1期生・峯岸みなみの挑戦は続く!?

いつもとは違う雰囲気の中で、いつもと変わらないメンバーもいた。「最後の1期生」峯岸みなみ(24)だ。5月31日の開票速報では名前が呼ばれる100位以内に入っていなかったが19位にランクイン。1期生の意地を見せた。

昨年17位で今回は19位で順位を落としたが。自分の前にスピーチした須藤凜々花が衝撃の結婚発表。その直後に「何を言っても記事にならない」と切り返して、動揺するメンバーを笑わせた。経験がものを言った瞬間に見えた。

2013年1月の恋愛スキャンダルで研究生に降格、丸刈りになった騒動によって人気が急降下。21人在籍した同期は自身以外はもういない。「アイドル史上、ここまで恥をさらしたメンバーはいなかった」と振り返る。だからこそ唯一の1期生として、AKBの象徴である総選挙で戦い続ける意味は理解できる。

不出馬という選択肢もある。けれども峯岸は「来年は選抜に入りたい」と壇上で参加を表明した。実は周囲に「キング・カズのようになりたい」と明かしている。50歳になった今も現役を続ける三浦知良選手のように存在感を放っていってほしい。

もし彼女がキングカズのようになれるとしたら今後定年するまで恋をしないなどと言うものすごいストイックな事をしないと行けない。。果たしてそれは本当にできるのか!?

 

5位 荻野由佳が神も驚く?セブン入り、90人抜きの5位、新時代到来か?

NGT48は、速報1位の荻野由佳(18)がグループ最高の5位に入り、昨年の95位から神セブン入りする大躍進を果たした。最後の総選挙となったキャプテン北原里英(25)も自己最高の10位、速報5位の本間日陽(17)も13位で、3人が選抜メンバー入り。さらに、中井りか(19)高倉萌香(16)がアンダーガールズ入りするなど、ランクイン圏内の80位以内に10人が入った。

荻野は名前を呼ばれるとうずくまり、メンバーにもみくちゃにされた。涙は絶えずこぼれ落ちたが、しっかり前を向き、思いを語った。「憧れていた総選挙で、こんなにすてきな順位をいただけるとは思ってもいなくて、夢のようです。応援してくれるみなさんがいてくれて本当によかった。私をアイドルにしてくれてありがとうございました」。

キャッチコピーは「何があってもへこたれない」。まさにその精神が実を結んだ。12歳だった11年にAKB48の13期生オーディションに落選。その後14、15期にも落選する間も、他事務所のオーディションを10回以上受けた。諦めない気持ちが報われたのは、バイトAKBを経て臨んだ15年5月の第2回AKB48グループドラフト会議。現役の先輩メンバーが指名に関わるイベントで、北原と柏木由紀(25)の目に留まった。柏木は「AKBっぽくはないけど、小松菜奈さんのようなオーラがあって、個性的なかわいさがあった」。北原と意見は合致し、転んでも立ち上がり続けた少女の運命を変えた。

そんな荻野の姿を秋元康氏は「まさにAKBそのもの。生き方や価値観が共鳴されるのがAKBだと思う」とうなる。秋元氏がメンバーをグループになぞらえるのは、OGで初代総監督の高橋みなみ(26)以来だ。そんな高橋からは13日に「努力は必ず報われるか、それはおぎゆかが証明してみせて」とメッセージをもらった。「私は落ちこぼれでした。努力は必ず報われる。そんなのうそに決まってる。そうずっと思っていました。でも、今、証明できていますか?」。涙を流しながら訴えるその姿で、荻野が新たな伝説をつくった。

その他。AKB岡田奈々 スキャンダルネタの指原、峯岸らを暗に批判

その他のニュースとしては岡田奈々(19)のようにまじめな発言を残したのも記憶に残る。

AKB48チーム4でSTU48兼任の岡田奈々=昨年14位=が9位にランクイン。「今のままではAKBグループは、スキャンダルだったり、問題を起こして、それをネタにしたり話題にしたり、そこではいあがるメンバーがよくみられます。いいと思うんです。みんながまじめじゃつまらないし。そういう人がいいと思ったんですけど、でもそれをマネしていいとは絶対い思わない」と、恋愛スキャンダルでグループを移籍したことをネタにするHKT48指原莉乃や、恋愛スキャンダルで丸刈りになったAKB48峯岸みなみらを暗に批判。

「自分はまじめにやってもAKBグループのてっぺんをいつかとれると信じています。まっすぐに頑張ってる人が報われるように、このグループを変えていきたいと思います。AKBグループの風紀委員長を目指して全力疾走したいと思っています」と正々堂々、純粋なアイドルとしてAKBのてっぺんを目指すことを誓った。

岡田はグループの中でもまじめな人柄で知られる。

まとめると

文春砲によるスキャンダルはNMB須藤の結婚発表だった。

まゆゆ有終の美ならず、全総選挙で神セブンの伝説

指原記録的投票で優勝、総選挙は勇退

「最後の1期生」峯岸みなみ19位にはいる意地をみせ、須藤の結婚に対して苦言

速報1位の荻野由佳(18)がグループ最高の5位に入り新時代到来を感じさせる

須藤の会見がいつになるか楽しみです。

 

その他のAKB48関連の記事はこちら:

AKB48総選挙、NMB48須藤凜々花、結婚発表!?相手は何とあの人!?卒業間違いなし。

AKB48総選挙の裏では文春砲が神7の3名のスキャンダルを確保!誰なのか名前と内容を調査!

須藤凜々花、結婚宣言23日に説明の場を設けるについて調べてみた!人妻アイドルが誕生!妊娠の可能性も!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です