スポンサーリンク

芸術家やクリエイティブな人は頭がおかしい?双極性障害や統合失調症が芸術性を生み出す事が研究で判明!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

芸術ってすごいなクリエイティブなのってかっこいいなと思ってマネして絵を書いたりしてみたらすっごい残念な結果に終わった事がある人って沢山いると思うんですよ、そうですまさしくT氏なんかそんな感じでした。美術の授業とかになったら何も書けないで終わるとかざらですよだって何も思い浮かばないもん!だから無性にそうやってきれいな絵を書けたりする芸術家、作品によっては全然いいとも思えないけど、それとかクリエイティブな人をすごいクリエイティブな人をうらやましく思ったりしてました。

それってT氏だけじゃないと思うんですよね、そんな皆さんの為の朗報ですどうやら芸術家やクリエイティブな人はちょっと普通ではなかった事が判明したようです!そうです書けるのが普通じゃなくてみんなできなくて当たり前なんですよ!

今回は芸術家やクリエイティブな人は頭がおかしい?双極性障害や統合失調症が芸術性を生み出す事が研究で判明した事をまとめてみる事にしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

芸術家やクリエイティブな人は頭がおかしいの?

芸術家やクリエイティブな人は頭がおかしいんです。双極性障害や統合失調症が芸術性と関係がある事が判明しました。昔からバカと天才は紙一重というように英語では狂気と天才は同じところに存在すると言われています。ドイツの哲学者アルトゥル・ショーペンハウアーは天才は狂気を超えた所に存在する為その二つには生物学的関係があるとまで言っていました。

実際に精神的に病んでる人はクリエイティブな人ではない事が明白ですが、最新の研究によるとクリエイティブな人には若干精神的に病んでる方向にあるという結果が出ました。まあ実際病んでるとか精神病っていうレベルの結果ではないのでご安心ください。

あるスウェーデンの研究室での40年にわたる一般集団に対しての研究結果によると双極性障害で精神分裂病ではなく、躁うつ病、パニック障害、アルコール依存症、薬物依存症、注意欠陥多動性障害、自殺既遂がある人で大きな比率を締めたのがクリエイティブなアーティスティックだったり科学的な仕事についてる人だったようです。

それとかそういう精神疾患を持つ身内や近い人がいる場合の人も多かったようです、それとか自閉症の子供とかもそういうクリエイティブな人が多い結果がでたようです、でもうつ病の人の子供とかはちがったようです。

なので実際にはクリエイティブな人を見てちょっと病的だなって思ったりしてましたがそれはあながち間違いではなかったって事ですね。よくスポーツ選手がゾーンに入るとかいうじゃないですか、野球で言ったらどこに投げられても俺は打てる!とかサッカーだったらシュート打ったら絶対に入る、ドリブルで抜けるとかそれもある意味ちょっとやばい状態という事で間違いないようです。

まあ現実世界とちょっと状況が違うのでわかりずらいとは思いますが、普通の仕事中でのゾーンといったら仕事に集中しすぎて時間も忘れてしまった、メールも見てない、食事も食べてない、寝る事も忘れてしまったとかってあるじゃないですか。(あったらあなたの会社はブラック企業です)芸術家の人とかってそういう状況になったりする事があるみたいなのでそれはもうちょっと病的です。

でもそれだからといって実際に病気なのかと言ったらそういうわけではないみたいなのでご安心ください、本当に毎日寝れなくなりましたとかそういう風になったらちょっとやばいですが。

なのでそういう天才な人達って結構ルーティンを大事にするみたいですが、そういうルーティンがそういう病気にならない効果が出ているようなので大事にしたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ちょっと分裂病気質

ちょっと分裂病気質って言われたら結構びびりますよねだって分裂病って言ったら精神病の中でもやばい部類に入る病気じゃないですか。でも現実では統合失調症傾向があると言われる事は珍しくないようです、精神医学的に見て問題がある人が必ずしも苦しんでるわけではないようです。

クリエイティブな要素は良い部分の分裂病気質の部分にあたるようです。事実分裂病気質の人の方が夜の方では魅力があるという研究成果も出ているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

うつ病になりやすい傾向も

芸術家やクリエイティブな人は精神的に病んじゃう人が多くてうつ病になりやすい人がいるみたいです。それとか小説を書いたりする人にうつ病傾向がある人が多いようです。ジョン・チーヴァーというアメリカの小説家はうつ病とアルコール依存症になってしまったようですねそしてその原因は小説を書くことにあったと語っています。

だからと言って全員がそういうわけではないようです。クリエイティブな人達を25年間インタビューし続けたハーバードの精神科医のアルバート・ロゼンバーグはクリエイティブなアーティストや芸術家の人達について分かった事が仕事に対してのモチベーションを大事にしているとい事のようです。そのやる気というのが諸刃の剣の様にダメな気持ちになった時に一気に行っちゃいそうですね。

まとめ

以上が芸術家やクリエイティブな人は頭がおかしい?双極性障害や統合失調症が芸術性を生み出す事が研究で判明した事に関してでした。なんか芸術的な要素とかクリエイティブな要素が欲しいなと思ってましたが、そうなったらそうなったで色々と大変な事がありそうなので一概にもいいとは言えないですね。

やっぱり世の中の人間、T氏も含めてですがそうやって輝かしい所ばかりに目がいきがちなんだと思いました。結論からいくと自分は普通の人間で良かったなーと思います、そうじゃなかったら色々な事に苦しんだりするようになってしまいそうですからね。やっぱり普通が一番だな~。

Reference: サイコロジートゥデイ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です