スポンサーリンク

清宮幸太郎が限局性腹膜炎で入院した病院はどこ?原因と症状についての調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

ドラフト1位の清宮幸太郎選手オープン戦で絶不調で無安打のままでいた事でファンの皆さんも心配されていたと思う中でさらに心配するような出来事が起こりました。

清宮幸太郎選手が緊急入院したという事です!

緊急入院した理由が「限局性腹膜炎」とあまり聞いた事が無いような病気なので一体どういう病気なのかファンの皆さんも一般の方も気になると思います。

緊急入院した病院は都内にあるという事ですが一流アスリートなのですごい病院に行ってるのでしょうかね?

「限局性腹膜炎」と聞きなれない病気ですがもしも自分にかかってしまった時には簡単にわかる事なのか症状などに関して調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

入院した病院はどこ?

都内の病院で入院している清宮選手ですが、入院期間はどのくらいなのでしょうか?

現段階で分かっている情報によると、3月15日までは点滴治療を受け経過観察とのこと。

場合によっては緊急手術の必要も?とネット上にありましたので、仮に手術となると清宮幸太郎選手の入院期間は2週間程度の可能性もあるかもしれませんね。

そして入院したと思われる病院についてですがこちらではないかといわれています。

日本ハムのチームドクターを務められる方がお勤めの病院は、東京都墨田区にある同愛記念病院ですね。

中川 照彦 副院長
(肩・肘関節・手・整形外科一般)
整形外科専門医,日本肩関節学会理事,日本肘関節学会評議員,日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会評議員,日本整形外科スポーツ医学会代議員,日本手外科学会専門医,日本ハムファイターズチームドクター,東京医科歯科大学医学部臨床教授,日整会スポーツ医

ということは、こちらの病院に検査も兼ねた入院の可能性もありますが、大事に至らないといいですね。

限局性(げんきょくせい)腹膜炎ってどういう病気?

徳洲会グループ(一般社団法人徳洲会、東京・千代田区)のホームページには以下のように書かれています。

「おなかの内側の壁は腹膜という膜に覆われています。腹膜にはさまざまな役割があります。例えばおなかの中にばい菌が入ったりすると腹水という液を産生しますが、その腹水には白血球などが含まれており、ばい菌に対する防御作用を示します。その腹膜に何らかの原因で炎症が起こった場合を腹膜炎と呼び、原因によっては緊急手術の対象となる場合があります。範囲による分類では、炎症が限局していれば限局性腹膜炎といい、腹部全体に広がると汎発性腹膜炎といい、一般的には後者の方が重篤です。また発症時期による分類では急性腹膜炎と慢性腹膜炎に分類されます」

日本救急医学会(東京・文京区)のホームページでは以下のようにかかれています。

「腹腔内臓器の炎症が腹膜に及んだ状態を腹膜炎といい、炎症の広がりにより汎発性と限局性に分けられる。病理学的には腹腔内の一部に炎症が限局し、そこに膿瘍(のうよう)を生ずる病変を限局性腹膜炎という」と説明している。さらに「身体所見は炎症の存在する部位に限られる。保存的治療に反応する場合が多いので、抗菌薬による治療を優先するが、経過によってはドレナージを必要とする」としている。ドレナージとは、体内に貯留した消化液、膿、血液や浸出液などを体外に排出することをいう。

なんか感じ的に胃炎の強化版的な感じにとれますよね。

原因は?

腹膜炎を発症するメカニズムは、腹膜そのものが炎症を起こす場合と、腹腔内の臓器が炎症を起こし腹膜にまで炎症が及ぶ場合の、大きく2種類にわけることができます。また、腹膜炎の原因となる疾患は多岐に渡ります。

腹膜炎を起こす原因の7、8割は、消化管穿孔(せんこう)です。消化管穿孔とは、胃、十二指腸、小腸、大腸といった消化管に穴があき、胃液や腸液、大腸内の便が、腹腔内に漏れることを指します。

たとえば、胃潰瘍が悪化した結果、胃が穿孔するといったこともあるみたいです。

腹腔内臓器の炎症が腹膜に移ることで腹膜炎を起こすケースもあるようなので。

腹膜炎の原因となる腹腔内臓器の炎症として、腸閉塞や胆嚢炎、虫垂炎、急性膵炎、女性の場合は、子宮外妊娠などが挙げられます。

がんが腹膜炎の誘因になることも腹腔そのものががんになる可能性はほとんどなく、多くは、胃がんなどの腹腔内のがんが腹膜に転移する腹膜播種によるものです。

症状は?

限局性腹膜炎にはどうやら慢性と急性があるみたいです。

清宮選手の場合、過去にこのような噂をきいていなかったので急性で間違いないと思います。

急性腹膜炎の場合、急激な腹痛に襲われ、我慢をしても治りません。

なかには、未だかつてないほどの痛みがあると表現する方もいます。

痛みで歩けない、また、腹部をたるませないとつらいため、前かがみになります。また、腹痛の他には、発熱などの症状もあります。

まとめ

以上が清宮幸太郎選手の限局性腹膜炎での入院先、原因や症状の調べた結果でした。

早く良くなって野球をやれるようになるといいですね。

頑張ってください!応援してます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です