スポンサーリンク

椎名冨士子の経歴と鬼嫁の逸話を調査!恐妻家で有名だが若い頃が綺麗すぎる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

落語家の桂歌丸(本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが、2日午前11時43分、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため横浜市内の病院で死去した。81歳だった。

歌丸さんは日本テレビ系「笑点」の5代目司会を長く務め、司会を退いてからは体調不良で入退院を繰り返しながらも、病気を押して高座にあがるなど活動を続けていた。

そんな歌丸さんの嫁の話題が出ていますね。歌丸さんが亡くなった今嫁は大丈夫なのか?心配の声が上がっています。

今回は歌丸さんの嫁の椎名冨士子さんの経歴と鬼嫁の逸話を調査!そして恐妻家で有名だが若い頃が綺麗すぎるという噂に関しても調べて見ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

椎名冨士子の経歴と鬼嫁の逸話は?

桂歌丸さんの妻、椎名冨士子さんは歌丸さんよりも4歳上の姉さん女房です。

椎名冨士子さんの出身地は歌丸さんと同じく、真金町出身です。

家も近所だったそうで、時々顔を合わせる仲だった今でいう幼馴染みたいな所でしょうか。

椎名冨士子さんと歌丸さんの結婚は簡単には行かなかったようです。特に椎名冨士子さんのご両親に強く反対されていたそうですが、結局は二人は意思を貫き結婚に至ります。

椎名冨士子さんのご両親は歌丸さんにはご両親もおらず、さらに当時はまだ落語家としてもそれほど名をはせてはいなかったため、色々と娘が苦労するのではないかと心配したと言われています。

一緒になったものの椎名冨士子さんのご両親の心配していたようにその後歌丸さんが落語家として成功するまでに約20年かかり、それまでは経済的にもとても大変な生活が続いたそうです。

桂歌丸さんもそのことはよくわかっていて、若い頃に随分と苦労させたと、奥さんには感謝の気持ちで一杯なのだと語っています。

そんな妻、冨士子さんですが、笑点で時折「恐妻」として話にされていたため、世間一般では気が強く怖い妻だというイメージが定着しているようです。

ですが詳しく調べてみると、それは単なる笑点での「ネタ」であって、実際はそうではないそうです。

歌丸さんはまた、「不細工」なんて表現も使ったりしたことがあるようで、そのことで冨士子さんに関してそういったイメージが生まれてしまったようですが、これもネタであったとのことです。

鬼嫁という噂でしたが全くそんな事ないすごい優しいしっかりしてる人だったようです。

姉さん女房って聞くと鬼嫁のように思えてしまうのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク
 

恐妻家で有名だが若い頃が綺麗すぎる!

歌丸さんは恐妻家で有名でしたが先ほど行ったようにほとんどがネタのようです。

こちらが桂歌丸さんと椎名冨士子さん画像です。

若い頃がすごい綺麗だったと言われていますが残念ながらその画像を見つける事はできませんでした。

ではどこから若い頃が美しかったという噂が流れたかというと。

桂歌丸さんは師匠から結婚相手を見つけてもらっていてその結婚を断ってまで一緒になった相手が椎名冨士子さんだったのです。

先ほど椎名冨士子さんのご両親に反対されたと言いいましたが、相手が他にいたにも関わらず椎名冨士子さんと結婚したいと言っていた歌丸さんの気持ちに心を打たれたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

以上が椎名冨士子さんの経歴と鬼嫁の逸話を調査そして恐妻家で有名だが若い頃が綺麗すぎるという噂に関しても調べた結果でした。

椎名冨士子さんこれからもお元気でいてくださいね。

続き

関連記事:

桂歌丸の追憶番組の地上波での日程は?見逃し配信動画や再放送はいつかも調査

桂歌丸の入院先の病院はどこだったの?通夜や葬儀告別式の場所の調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です