スポンサーリンク

小島武夫の経歴・年収や名言がやばい!伝説の役満ちゅうれん動画が鳥肌もの!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

T氏です。

プロ雀士として長年活躍し、その魅力的な麻雀から多くのファンに支持された「ミスター麻雀」こと小島武夫さんが、心不全のために5月28日に亡くなっていたことが分かった。

享年82歳でした、5月31日に所属する日本プロ麻雀連盟が発表されました。

亡くなった伝説の小島武夫さんの事を知ってもらいたいと思ったので。

小島武夫さんの経歴や名言や現役時代の年収そして忘れちゃいけない伝説の役満ちゅうれん動画をまとめさせてもらいました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小島武夫の経歴

小島さんは1936年2月11日、福岡市博多区出身。

若くして麻雀の世界に飛び込むと、阿佐田哲也、古川凱章らと「麻雀新撰組」を結成。

当時の人気深夜番組「11PM」の麻雀コーナーにも出演していた。1

981年に誕生した日本プロ麻雀連盟では初代会長に就任。

その後も対局番組で、幻の役満「九蓮宝燈」をアガるなど、その華々しい活躍ぶりから「ミスター麻雀」「小島先生」などと呼ばれていた。

長年出場していたモンドTVの麻雀対局番組は、2016-2017シーズンをもって引退していた。

愛称は「先生」や滑舌の悪さから「ふがふが」など。笑い方から「ガハハおじさん」などとも呼ばたこともあります。

西原理恵子の漫画の中では「おい、ジジイ」などと突っ込まれたりもしていましたが、それでもガハハと笑っていました。

実際には「小島先生」と呼ばれることが多いようです。

小島武夫の年収

小島武夫さんといえば知名度バツグンの麻雀プロです、当然、収入も並のプロ雀士とは比較になりません。

麻雀プロはたとえ団体に所属していても給料をもらえるような立場ではありません。

雀荘や麻雀大会へのゲストやTV出演。本の出版や、最近では麻雀ゲームへの参加なども仕事になっています。

プロとしての仕事をした分だけお金を貰えるのでフリーランスに近い存在と言えますね。

もちろん支払われるギャラにも大きな差があります。

長年積み重ねたブランド力のおかげで、小島武夫さんのギャラは今でもプロの中で最も高額だそうです。

これこそオレの唯一無二の財産、と本人は語っています。

かつて麻雀ブームの時代には数千万円の収入があったことを明かしている小島プロ。

時代を考えれば信じられない高収入です。

名言がかっこよすぎる!

小島武夫さんの名言が本当にかっこいいんです、麻雀のことだけでなく、無頼派な人生そのものについての言葉もありますね。

天下の小島が千点で和了れるか

派手好きの小島武夫さんはノミ手の千点和了りを嫌います。

かつてはタイトル戦で和了れば優勝という局面でも手役を狙ってテンパイを崩したほどです。

なので、今の若手プロが平たい場面で安和了りをすると「なんにもならない」と苦言を呈する場面も見受けられます。

収入三千万で支出は一億円

その昔、麻雀プロとしてはケタ違いに高い三千万ほどの年収があった小島武夫さんは、銀座や六本木で連日豪遊して一年で一億円近い金額をばら撒いたそうです。

どう計算しても収入と支出が合いませんが、ツケ払いにして飲み続けて借金が大きくなっていく内に、どこかでドカッと印税や大きな仕事が入ったりして帳尻を合わせてきたそうです。

今では眉をひそめられそうな、勝負師らしいその日暮らしの発想ですね。

昭和の銀幕スターを思わせるようなエピソードです。

勝ったのは運、負けた時は実力

どうしても勝負事には運がつきまといます。

負けた時にツイてないとぼやくのではなく、それが今の自分の実力でいい勉強になったと考えましょう。

勝った時は運が良かっただけだぞ、と自分を戒めるべきだという言葉です。

いつも自分の不運を嘆いてばかりの人は、心に留めておくといいかもしれません。

伝説の役満ちゅうれん動画が鳥肌もの!

伝説の役満ちゅうれん動画が鳥肌もの何ですが。

ちゅうれんって何?って思う人もいると思いますが。

ちゅうれんって九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)という役満という麻雀で一番難しくそして点数が高い役の事を言います。

役満は滅多に出ないのでそれを名人戦でやってのけるあたり小島武夫さんはすごいですよね。

その動画がこちらにありますどうぞ見てください。

まとめ

以上が小島武夫さんの経歴・年収や名言について調べた事です。

そして伝説の役満ちゅうれん動画をもう一度見たくて見つけました。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です